整髪料・ワックスの使いすぎは薄毛を招くとは限らない!正しく使えば薄毛にはならない

Follow

整髪料・ワックスを使っていると、はげやすくなる…ということは聞いたことありますか?よく聞く話ですが、本当に髪に悪いものなのでしょうか。

整髪料・ワックスと薄毛の関係性、使い方についてまとめてみました。  

1.髪に良くはないが薄毛につながることは少ない

整髪料は本来髪にない成分を付着させます。こうすることによって、髪が固まりセットすることができるわけですが、整髪料を使う時に髪にダメージを与えてしまうことがあります。髪は髪同士の摩擦によってもダメージをうけてしまうため、セットしてる最中にどんどん髪が傷んでしまうことがあります。

しかし、髪は根元以外の伸びた部分は死んだ細胞であり傷むことはあっても、必ずしも抜けることにはつながりません。つまり、正しい使い方で整髪料を使っていて髪が薄くなってきたと感じている人はもともと薄毛が進行していたと考えられます。

もちろん、整髪料を使うことによって全く薄毛につながることはないかというとそうではありません。間違った使い方、ケアをしていると薄毛につながる可能性はあります。

1-1.薄毛になる原因は本当にない?

あなたがいま薄毛になってしまう原因はゼロとは言い切れないかと思います。抜け毛が増えていたり、髪にボリュームがなくなってきているのではないでしょうか?

前述した通り、正しい使い方で使っている限り整髪料が薄毛の原因になることはほとんどありません。薄毛は食生活や生活リズム、ストレスや血行不良によっても進行していきます。整髪料だけが原因で薄毛になることはないといっても過言ではありません。

薄毛が心配であるのであれば、あなたが薄毛になる原因は本当にないのかを調べてみましょう。こういったことから薄毛を気にする人は多いので、大事な一歩目になるはずです。

スポンサーリンク

2.間違った使い方・ケアは頭皮に負担をかけること

髪自体にワックスを付けることは傷みにはつながりますが、抜け毛、薄毛にはつながりません。ですが、間違った使い方・ケアをしていると頭皮に負担をかけてしまい、髪がうまく育たなくなってしまい、薄毛につながることがあります。

2-1.頭皮に直接つけてしまっている

整髪料は液体樹脂や油などでできています。

これらを髪のみでなく、頭皮につけてしまうと薄毛につながる場合があります。頭皮にはこのような成分は不要なものです。不要なものが毛穴などに付着してしまうと髪は上手く成長することができなくなってしまいます

そうはいっても髪の根元につけなければうまくセットはできません。ですが、髪の根元だけではなく頭皮につけてしまってはいないか確認しましょう。頭皮につけないだけでも、負担は軽くなります。

2-1-1.毛穴に詰まることはほぼない

ワックスを正しい使い方で使っている限りは毛穴にワックスが詰まるということはありません。というよりも、どんなものであっても毛穴に詰まることはほぼありません。

それは毛穴から常に一定量の皮脂が分泌されているからです。皮脂が分泌されれば、毛穴についたワックスは皮脂によって押し出されます。しかし、ワックスは油なので皮脂と混ざってしまい頭皮に残ってしまいます。

さらに頭皮にワックスがついていると、それに肌が反応してしまい皮脂の過剰分泌を招いてしまうことがあります。皮脂の過剰分泌は髪にとって悪い環境なので、当然薄毛にはつながりやすくなってしまうのです。

2-2.髪をかなり固めている

髪は普段、自然に垂れ落ちるようになってますが、整髪料を使うことによって普段とは違う方向に流れるため、毛根に負担がかかってしまいます。こうなると、頭皮がなんとなく痛かったり、つっぱたような感覚になることがあります。

男性でも女性でも使う時にはできる限り自然に流れていく方向にセットすることで頭皮の負担は少なくなります。

2-3.洗えていない・洗い流しが不十分

洗えていない・洗い流しが不十分な場合には頭皮に大きく負担がかかります。

整髪料は成分的に水に少しは溶けますが、頑張って落とそうとしてもなかなか落ちません。そこで、シャンプーを使いすぎてしまって皮脂をとりすぎてしまったり、髪同士の摩擦も過剰に起きてしまいダメージを与えてしまうことがあります。

2-3-1.先にリンスを使おう

整髪料・ワックスを落とすときのコツは、リンス・トリートメントを先に使うことです。リンスは整髪料と混ざる性質があるので、落ちやすくなります。リンスを使い、シャンプー、またリンスを使うことでほとんど落とし切ることができます。

洗って落としたつもりでもすすぎが弱いと頭皮に残ってしまいます。そうなると、整髪料は薄くなっても徐々に固まり、頭皮、毛根に負担をかけてしまいます。

確実に洗って、洗い落とすようにすすぎはしっかりやるようにしましょう。  

【まとめ】整髪料は薄毛につながることもある

整髪料が原因で薄毛になることはあるのか、薄毛を招く整髪料の使い方についてまとめてみました。

整髪料は使い方を間違えずに、しっかりケアをしていれば薄毛につながることはほとんどありません。もし間違った方法をしていなくて、それでも薄毛が進行しているのであれば原因はほかにあります。普段の生活を振り返ってみて、原因がないのか考えてみましょう。

また整髪料は必ず正しい使い方で使うこと。うまく付き合っていくようにしましょう。

ぜひ他の記事も参考にしていってください。

【カチカチ頭皮は薄毛の原因】頭皮が固くなる仕組みと3つの改善方法
頭皮がカチカチという方は薄毛になる可能性が非常に高いです。また、現在薄毛の方で頭皮がカチカチに固いという方は柔らかくすることによって薄毛予防...
【キケン!】フケの原因はほとんどがシャンプー、フケにも2種類ある!
頭皮のトラブルは抜け毛を増やし、薄毛を進行させてしまいます。頭皮トラブルの一つの目安として"フケ"があります。フケは見た目もよくありませんし...
【薄毛の原因】朝シャンは髪に悪い!薄毛を招いてしまうかもしれない原因
朝シャンしてる方は意外と多いと思います。しかしこの朝シャン、薄毛を招いてしまうことがあるんです。朝はどうしても眠いので、眠気覚ましとして……...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です