【髪のケア】キシキシ髪を改善したい!4つの原因から改善方法を紹介

Follow

髪がキシキシすると、クシが通りづらかったりして大変ですよね。せっかくセットしてもうまく決まらなかったりとなかなか不便…。  

そんなキシキシ髪ですが、原因はなんなのでしょうか。4つの原因から改善方法についてまとめました。  

1.キシキシ髪はダメージを受けている証拠!

髪がキシキシする原因はダメージです。髪がダメージを受けることによってキューティクルが剥がれはじめ、水分をうまく保つことができなくなってしまうと髪がキシキシしたり、パサパサしだしてしまいます。

キューティクルを剥がさないようにケアしていくことでキシキシ髪は改善されます。では髪がダメージを受ける原因、キューティクルが剥がれる原因はどうなっているのでしょうか。

スポンサーリンク

2.シャンプーがダメージを生む

2-1.シャンプーが合っていない

今使っているシャンプーは本当にあなたに合ったものですか?

中には合っていないのにも関わらず、髪に良い成分がいっぱい入っているから…などの理由で使い続けている方もいるのではないでしょうか。人それぞれシャンプーは合う合わないがありますので、探してみましょう。

2-2.ノンシリコンシャンプーを使っている

ノンシリコンシャンプーを使っている方は注意が必要です。

本来シリコンは悪いものではありません。メディアなどの影響で悪いものと認知されがちですが、シリコンは髪をコーティングし外側からの刺激などから守ってくれる働きもあります。髪のダメージ対策にはとても良いものです。

もちろん、ノンシリコンシャンプーが悪いというわけではありません。シリコンが入っているシャンプーは髪をコーティングする性質があるため、髪自体が重くなってしまいます。髪が細い人はノンシリコンを使うことによって髪のボリュームが出ますので、自分の髪質に合う方を選ぶようにしましょう。

シリコンインシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いによって髪がキシキシしてしまう原因は洗っている最中の髪の摩擦量です。シリコンが入っているシャンプーは髪をコーティングしてくれるため、洗っている最中に髪同士の摩擦が少なくなります。逆にノンシリコンシャンプーは髪同士が直接ぶつかるため摩擦量が多くなり、結果髪はダメージを受けてしまいます。

ノンシリコンシャンプーを使っている方は、髪同士の摩擦を少なくするように優しく洗う必要があります。また、どちらを使うにしてもダメージを受けた髪には洗浄力の弱いシャンプーを使うことが大事です。

3.髪の乾かし方、熱がダメージを生む

髪を乾かすときに自然乾燥している方は少ないと思いますが、ドライヤーも重要になってきます。また、紫外線などによって熱を与えてしまうと髪がダメージを受けます。

3-1.髪の乾かし方

髪を乾かすときにはまずタオルである程度の水分を吸わせてからドライヤーを使いますが、髪に近すぎたりして熱を与えてしまうとダメージを受けてしまいます。

タオルドライするときにガシガシと髪同士をこすりつけるようにしてる方はやめるようにしましょう。髪にタオルを当て、徐々に吸わせていくように優しくすることにより、髪がこすれあってダメージを受けることはなくなります。髪同士の摩擦は極力なくすようにしましょう。

またドライヤーは必ず髪から15センチ以上離して使います。近すぎてダメージを与えないようにしましょう。また、風量も大事です。できる限り、風量が強いものを使うようにし熱に頼らないようにすることもダメージを防ぎます。

ヘアオイルを使って髪をコーティングすることも髪をダメージから守ってくれます。できる方はぜひ毎日のケアに使うようにしましょう。

【薄毛対策】間違ってないかチェックしよう。正しいシャンプーの手順、やり方
薄毛を防ぐためには頭皮の環境を整えることが大切です。そのために毎日のシャンプーは欠かせません。しかし間違ったやり方で続けてしまうと、髪の成長...

3-2.紫外線対策

髪に熱を与えないように紫外線対策も重要です。

紫外線がずっとあたっている状態は髪によくありません。夏場でも冬場でも紫外線対策として帽子、ニットをかぶることでダメージを防ぐように心がけていくことでキシキシ髪になりにくくなります。

4.ヘアカラー、パーマがダメージを生む

ヘアカラーやパーマは知っての通り髪が傷む原因です。頻度を極力少なくし、髪を傷ませないようにしましょう。

ヘアカラーは髪の中に薬剤をいれることによって色を変えます。その結果、キューティクルが剥がれやすくなり、さらに髪自体のタンパク質も変化してしまいます。また、パーマはキューティクルを剥がし、髪の性質を変えることによって癖をつけます。キューティクルを一度剥がすわけですから、当然髪にとっては大きなダメージです。

ヘアカラーやパーマをかけた後は念入りにケアしていくことも重要です。一度傷んだ髪をそのままにしてしまうと、痛みが徐々にひどくなってしまい髪がキシキシする原因になります。

5.水の成分によってダメージを生む

今外国にいて髪がキシキシするというかたは、水の成分によって髪がダメージを受けている可能性もあります。また、海やプールにいったあとに髪がキシキシすることも水が原因です。

海外旅行や赴任などで外国にいる人で髪がキシキシになる原因は水の成分ですが、これはほとんどが硬水の地域にいる人です。硬水の場合、シャンプーがうまく泡立たず洗浄しきれなかったり、洗い流しきれなかったりする場合があります。

硬水に合わないシャンプーを使っていることがわかったら、現地で購入しなおした方がいいです。そのまま使い続けてしまうとダメージがどんどん蓄積していってしまいます。また、旅行で硬水の地域に行く際には、硬水に合っているシャンプーなのかしっかり確認をすることも重要です。

海は海水の塩分が髪に残ってしまい、その塩分が髪の水分を吸ってしまうと髪がダメージを受けてしまいます。プールの場合は塩素が原因です。塩素はそこまで強くはありませんが、少なからず髪にダメージを与えてしまっています。どちらの場合も上がった後にはしっかりシャワーを浴び、落とすようにしましょう。

【まとめ】キシキシ髪

髪がキシキシしてしまう原因はこれ以外にも、生活習慣や食生活も関わってきます。  

どれも、まずは髪の健康のためにケアを欠かさないこと。そしてダメージを与えないように生活することが重要です。

ぜひ他の記事も参考に、ケアに役立てていってください!

【薄毛対策】紫外線が髪・頭皮に及ぼす影響…紫外線対策は大丈夫?
夏になると日焼け止めをするなど、紫外線の対策を行っている方は多いと思います。紫外線は、1年中あるものですが一番無防備なのは髪・頭皮です。頭皮...
【薄毛の原因】朝シャンは髪に悪い!薄毛を招いてしまうかもしれない原因
朝シャンしてる方は意外と多いと思います。しかしこの朝シャン、薄毛を招いてしまうことがあるんです。朝はどうしても眠いので、眠気覚ましとして……...
【薄毛の原因】頭皮が乾燥は薄毛を進行させる…乾燥につながる5つの原因と改善方法
タイトルの通り頭皮の乾燥は薄毛を進行させてしまいます。 頭皮の乾燥はかゆみやフケの原因にもなってしまいます。かゆみは日常生活にも支障を...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です