【髪のケア】乾かし方を知ってダメージを防げ!4つの手順ごとに解説

Follow

髪にダメージを与えないためには、毎日にケアが重要です。お風呂に入って、シャンプーをするのは当たり前ですが、間違った乾かし方をしていると髪を傷めてしまうことにもつながってしまいます。

普段当たり前にやっていることでこそ、特に気を遣っていくべきものなのです。

そこでこの記事でははまずやってはいけないことについて、さらに正しい乾かし方について4つに分けてまとめました。

1.絶対にNGな乾かし方

1-1.自然乾燥

自然乾燥は髪がとても傷んでしまいます。お風呂上がりの髪のキューティクルが開きぱなしになってしまいますので水分が飛びやすく、きしんだり、パサパサとした触り心地になってしまうのです。

キューティクルが開いた状態はかなりキューティクルが剥がれやすくなっています。そのため髪が傷んでしまうのです。

また髪が水分を多く含んでいると、細菌が繁殖しやすくなってしまいます。髪には頭皮環境を整える、良い働きをする常在菌という菌がいます。細菌が繁殖してしまうと、この常在菌が過剰に働き過ぎてしまったり、減ってしまったりしてしまいます。そうなってしまうと、頭皮トラブルの原因になり、薄毛につながってしまうこともあるのです

1-2.乾かしすぎ

髪の中に含まれている水分もやはり熱によって飛んでしまいます。そのためあまりしっかり乾かしすぎてもダメなのです。

ではどれくらい残してほうがいいのかというと”自然乾燥で約10分で乾くくらい”です。それってどれくらい?と思いますが、徐々にわかってくるかと思います。乾かすときは8割、9割程乾いたら熱風はやめるようにするようにしましょう。

その後に冷風で完全に乾かすことは髪の傷みにはつながらないので、キューティクルを閉じさせるためにも冷風での仕上げをおススメします。 

スポンサーリンク

2.正しい髪の乾かし方

2-1.タオルドライ

この時にやってはいけないことは、タオルで髪をガシガシとふかないこと。濡れた髪は傷みやすく、髪同士の摩擦でも傷んでしまいます。摩擦を生まないように優しくふきとっていきます。

タオルを髪にあて、吸い取らせていくイメージで水気をとっていきましょう。

2-1-1.女性はヘアオイル

女性はタオルである程度水気が取れたら、ヘアオイルをつけるようにしましょう。ヘアオイルをつけることでドライヤーの熱風からも髪が守られ、手触りもよくなります。

乾いたあとも同じように髪を守ってくれるので、普段使っていないのであれば一度試してみてください。

2-2.ドライヤーで全体を吹き付ける

ドライヤーを使って、全体の水気を飛ばしていきます。

風を強にして、全体にザーっと吹き付けていきます。タオルドライしただけでは水気は根元ののほうに残っていて、まばらになっています。これを少しでも毛先に向かってまとまってくれるようにします。

この時に一か所をずっとやらないように、必ず全体に風をかけるようにしましょう。

2-3.ドライヤーで根元から乾かしていく

毛先ではなく必ず根元から乾かすようにしましょう。

  • 根元からゆっくり乾かしていく
  • ドライヤーは必ず15センチ程離す
  • 熱風を一か所に当て続けない
  • ドライヤーを小刻みに動かす

毛先はもともと乾きやすいので、少しでも熱風を当て続けて傷むことを防ぎましょう。さらにドライヤーを近づけすぎないように、一か所に当て続けないように気を付けましょう。

乾かすときは上から下にが基本です。下からドライヤーを当ててしまうと毛先が当たりやすくなってしまうので傷むことがあります。必ず上から下に向かって当て、動かすようにしましょう。

2-4.最後は冷風で仕上げる

8割、9割ほど乾いたら、次は冷風を当てていきます。

冷風を当てることで、熱を持っていた髪が冷え、さらにキューティクルも閉じてくれます。こうすることにより、髪が傷みにくくなります。熱を持ったままだと傷みやすい状態ですし、キューティクルが開いた状態だと水分が抜けやすくなってしまうからです。

【まとめ】

髪の間違った乾かし方から、正しい乾かし方までまとめてみました。

髪を洗って、乾かすことは毎日のケアとしてとても重要なことです。間違った方法は髪のダメージだけでなく、薄毛ににつながってしまうことがあります。いつもの乾かし方を振り返ってみて、ぜひ正しいやり方で乾かしていくようにしましょう。

ぜひ他の記事も参考に、ケアに役立てていってください!

【薄毛対策】間違ってないかチェックしよう。正しいシャンプーの手順、やり方
薄毛を防ぐためには頭皮の環境を整えることが大切です。そのために毎日のシャンプーは欠かせません。しかし間違ったやり方で続けてしまうと、髪の成長...
【薄毛の原因】朝シャンは髪に悪い!薄毛を招いてしまうかもしれない原因
朝シャンしてる方は意外と多いと思います。しかしこの朝シャン、薄毛を招いてしまうことがあるんです。朝はどうしても眠いので、眠気覚ましとして……...
【薄毛対策】紫外線が髪・頭皮に及ぼす影響…紫外線対策は大丈夫?
夏になると日焼け止めをするなど、紫外線の対策を行っている方は多いと思います。紫外線は、1年中あるものですが一番無防備なのは髪・頭皮です。頭皮...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です