頭皮が赤いとキケン!薄毛を進行させてしまう危険信号である理由

Follow

薄毛を防ぐうえでやっておかなければならない一つとして頭皮ケアがあげられます。

頭皮は髪の畑ともいわれ、頭皮になにかしらのトラブルがあると当然抜け毛は増え、薄毛は進行してしまいます。特に頭皮が赤いという方は深刻です。

そこで。この記事では頭皮が赤くなってしまう原因から薄毛につながる理由、改善方法までまとめてみました。

1.頭皮が赤くなる原因は炎症

頭皮が赤くなってしまう原因は炎症起こしてしまっているためです。

健康な頭皮は青白い色をしています。皮膚から見える血管は青白くなっていることと一緒で、なにも異常が起きていない頭皮も青白くなります。

赤くなる以外にも、黄色くなったり、白くなったりします。このどれもが頭皮が異常を起こしてしまっているためです。

【薄毛チェック】頭皮の色で薄毛になりやすいかどうかがわかる…4種類の色で解説
髪の毛が健康的に成長するためには頭皮環境が重要です。少しでも頭皮に異常があるとヘアサイクルの乱れにつながってしまいます。ヘアサイクルが乱れて...

また、まだ炎症までいっていない”紅班(こうはん)”という状態である場合もあります。紅班は炎症とは違い、かゆみなどの症状が出にくいです。また指で押してみると、赤みが消える特徴があります。

紅班は一時的なものがほとんどですが、長い間放置してしまうと炎症につながってしまうことがあります。そのため油断は禁物です。紅班ができてしまう原因は、シャンプーや乾燥などさまざまです。炎症につなげないように原因を見つけ、紅班ができないようにしましょう。

1-1.シャンプーが合っていない

頭皮にシャンプーが合っていないと、頭皮が炎症を起こしやすくなります。

いま使っているシャンプーは”高級アルコール系シャンプー”ではないでしょうか?高級アルコール系シャンプーは刺激が強く、洗浄力も強いのが特徴です。肌が弱かったりすると、やはり頭皮はトラブルを超してしまいます。

また洗浄成分に肌が合わないこともあります。洗浄成分が合わないということはアレルギーですのですぐに違うシャンプーに変えるようにしましょう。

スポンサーリンク

1-2.傷がある

シャンプーの際に爪を立てて洗っていると傷になってしまい、そこから炎症を起こしてしまうことがあります。

頭皮に傷がつくと細菌が繁殖しやすくなってしまいます。頭皮には良い働きをする常在菌という菌がいますが、雑菌が増えてしまうと、常在菌はそれを殺そうとするため、増えすぎてしまうことがあります。そうなってしまうと、常在菌が頭皮を刺激してしまい頭皮のトラブルを起こしてしまうのです。

また細菌が傷口から入ってしまうと化膿してしまうこともあります。明らかにおかしいとかんじるようであれば、必ず病院にいくようにしましょう。

1-3.頭皮の湿疹

炎症を起こしているとかゆくなったり、フケが増えたりといった症状がでます。そのうえで、頭皮がかゆすぎると感じるようであれば、湿疹を起こしてしまっていることもあります。

赤くて、ポツポツと小さな腫れがあるようであれば湿疹です。湿疹はかゆみが強いため、我慢できずに掻きすぎてしまうと、傷を作ってしまい、炎症につながってしまいます。

頭皮の湿疹はアレルギーや皮脂の過剰分泌によって、細菌やカビが増えてしまい衛生的でないこと、人によってはストレスによってもなってしまいます。

1-4.皮脂が原因

皮脂の過剰分泌が原因でも赤くなってしまいます。

皮脂が多く分泌されると、当然頭皮は不衛生な状態です。これもまた細菌が繁殖しやすくなってしまい、常駐菌が異常を起こしてしまいます。また湿疹の原因にもなってしまいます。

2.頭皮が赤いと薄毛が進行する

2-1.髪に栄養がいかない

髪の毛は頭皮の毛細血管から栄養を受け取ることによって成長することができます。栄養がうまくいかないと髪がしっかりと成長できなくなってしまい、髪が細くなったり、抜け毛が増えてしまいます。

頭皮がなんらかのトラブルを起こしてしまっていると、血液がが運ばれづらくなってしまいます。そのため、髪の栄養不足になってしまうのです。

2-2.毛根が弱くなる

頭皮が赤い状態は他の異常に比べるともっとも抜け毛が増えやすくなります。

知っての通り頭皮に毛穴があり、毛根があることによって髪は生えていられます。少しでもトラブルがあると、毛根が弱くなってしまうのです。まだ生え続けられる髪であるのに、ちょっとしたことでも抜けやすくなってしまいます。

2-3.常在菌の異常

常在菌についてももう一度解説していきます。常在菌は頭皮に常にいる良い働きをする菌です。これがうまく働かないことには髪は健康的に成長することができません。

常在菌は皮脂をエサにして、そこから皮脂膜を作ります。この皮脂膜が頭皮をおおうことによって、頭皮は乾燥、紫外線や外からの刺激からまもられているのです。

例えば、皮脂の過剰分泌してしまうと常在菌が皮脂を処理しきれないため、頭皮が脂っぽくなります。そして、その脂のなかで細菌が繁殖してしまうと、常在菌は増え始めます。細菌を殺しきっても、常在菌の量は減らないため、働き過ぎてしまい頭皮に直接刺激を与えてしまうのです。

細菌を繁殖させてしまうことは、どんな原因であっても常在菌の異常につながり、頭皮のトラブルにつながってしまいます。そして常在菌の異常による炎症はとても危険です。自然に治ることはほぼなく、髪もどんどん抜けていってしまいます。

そのため常駐菌を増やさないように、異常を起こさないようにケアをしていかなければいけません。

3.改善方法

3-1.皮膚科へ行く

これが一番です。まずは皮膚科にいきましょう。

自然に治ることももちろんありますが、どれくらいの時間がかかるのかわかりません。長ければ長いほど薄毛は進行していってしまいます。

軽度なものであってもできるだけ、皮膚科にいって治療するようにしましょう。

3-2.シャンプーを変える

赤くなってしまう原因をつぶすためにもシャンプーを変えましょう。頭皮のトラブルが起きる原因はほとんどがシャンプーだからです。

刺激の強いシャンプーは肌に刺激を与えすぎてしまいトラブルの元になります。また洗浄力が強いと皮脂をとりすぎてしまいます。皮脂をとりすぎてしまうと、乾燥しやすくなったり、逆に補おうとして過剰分泌を起こしてしまうことがあるのです。

シャンプーは刺激の弱いアミノ酸シャンプーに変えてみましょう。アミノ酸シャンプーは刺激が弱く、天然成分でできているものであれば頭皮トラブルの心配はありません。

頭皮にトラブルを起こしている以上は、刺激の弱く、頭皮に優しいものを使うようにしましょう。

リマーユスカルプシャンプーが薄毛の悩みを解決!【レビューまとめ】育毛にはコレが効く理由
毎日の頭皮ケアといえばまず"シャンプー"。育毛にもっとも効果的なシャンプーはアミノ酸シャンプーと言われています。あなたも薄毛の悩みから早く解...

3-3.シャンプーのやり方を見直す

爪を立ててシャンプーをやっているというかたは絶対にやめるようにしましょう。傷を作らないように、また頭皮を清潔に保つようにしなくてはいけません。

シャンプーをする前には髪をしっかり濡らすようにしましょう。髪に水分がないとシャンプーが薄まらずに原液の状態で頭皮についてしまいます。原液は頭皮にとって刺激が強すぎます。

シャンプーをするときは絶対に指の腹を使うこと。頭皮を傷をつけないようにしましょう。髪のためにもゆっくり摩擦を与えすぎないようにすることが大切です。

ある程度洗えたら、しっかり洗い流しましょう。すすぎ残しがあると頭皮にトラブルが起きやすくなってしまいます。一分から二分は流すようにしましょう。

お風呂からあがったら髪をドライヤーでしっかり乾かしましょう。自然乾燥は細菌を増やしやすく、常駐菌が異常を起こしてしまいます。ドライヤーは15センチ以上離し、ゆっくり根元から乾かしていきましょう。

もう一度、普段のシャンプーのやり方を振り返ってみてください。

【薄毛対策】間違ってないかチェックしよう。正しいシャンプーの手順、やり方
薄毛を防ぐためには頭皮の環境を整えることが大切です。そのために毎日のシャンプーは欠かせません。しかし間違ったやり方で続けてしまうと、髪の成長...

4.頭皮ケアをおこなう

頭皮が赤い、さらに薄毛が進行しているのであれば、まずは病院にいきましょう。頭皮環境を良くしないことには髪は生えてくることができません。

しかし病院にいくだけでは髪が生えてくるわけではありません。頭皮環境を整え、育毛ケアをやっていかなければいけません。

薄毛になってしまうと、本当に悔しいですよね。みんなは生えているのに……なんて毎日のように思ってしまいますよね。周りの目も怖いもんです。誰か後ろで指さしてるんじゃないかな……なんて被害妄想もでてきます。

そんな悩みから解放されるためには育毛ケアをやるしかありません。なにもしないと、なにも変わりません。そのまま薄毛が進行していって、最終的には諦めてスキンヘッドに近い髪にするしかありません。

あなたの髪が生えてきたら、なにかが変わるかもしれません。

  • 急にモテ始める
  • 仕事を任され、給料が増える
  • 子どもに無視されなくなる
  • とにかく堂々とできる

自分に自信が持てるようになるはずです。どんな良いこと、幸せなことが待っているかわかりません。そんな未来のために、すぐにケアを始めていきましょう。

4-1.アミノ酸シャンプー

頭皮の状態を保つためにも、刺激の弱いアミノ酸シャンプーを使うようにしましょう。またアミノ酸シャンプーを使うことで、育毛剤の効果も上げることができます。

アミノ酸シャンプーでおススメはリマーユスカルプシャンプー です。リマーユスカルプシャンプーは馬油も含んでいて、保湿の効果もあります。乾燥も防ぐことができますのでケアとしてはかなり楽になります。また初回購入は半額でお得なので、使ったことがない方はぜひ試してみてください。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→リマーユスカルプシャンプー

リマーユスカルプシャンプーが薄毛の悩みを解決!【レビューまとめ】育毛にはコレが効く理由
毎日の頭皮ケアといえばまず"シャンプー"。育毛にもっとも効果的なシャンプーはアミノ酸シャンプーと言われています。あなたも薄毛の悩みから早く解...

4-2.育毛剤

頭皮環境を整える成分。さらに髪を生やすために大事な成分も多く入っています。薄毛を改善するためには、育毛剤だけは最低限使っておきたいケア用品です。

育毛剤でおススメはイクオスです。イクオスは他の育毛剤に比べると安く手に入れることができます。さらにまとめ買い、定期購入であればサプリが無料でついてきます。

育毛効果も高く4人に3人以上の人が3か月以内に効果を感じ、リピート率も97.5%とかなり高く安心できる育毛剤です。

天然成分でできていて刺激も弱くかなりおススメです。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→ イクオス

イクオスがおススメの理由ってなんだ!驚きの効果と口コミ、レビューまとめ
私が運営するこのサイト「発毛・育毛で人生を変える」では育毛剤はイクオスをおススメしています。この育毛剤こそが"人生を変える"近道になると考え...

4-3.育毛サプリ

頭皮の環境を良く保つためには、栄養バランスのとれた食事を摂るようにしなくてはいけません。いくら気を遣ってもなかなかうまくいかないこともあるので、そうならないためにサプリで補うようにしましょう。

おススメはBOSTONです。BOSTONは有名なサプリで育毛を促進する成分、頭皮環境を良くする成分を多く含んでいます。ここまで多くの成分が入っていれば、万が一食事バランスが崩れたとしても補うことができます。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→ BOSTON

【育毛サプリ】薄毛、AGAを改善したいならBOSTONにすべき!効果とレビューまとめ
薄毛をすぐに改善したいのであれば、育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリを組み合わせて使うことがおススメです。それぞれ違うメリットがあり、髪が生...

【まとめ】

頭皮が赤くなってしまう原因から、改善方法についてもまとめてみました。

薄毛を改善させるためには頭皮は常に健康的でなくはいけません。なにかしらの異常があるという方は、できる限り早く皮膚科にいくようにしましょう。そのうえで赤く炎症を起こしてしまう原因を改善していき、育毛ケアをおこなっていきましょう。

ぜひ他の記事も参考に、ケアに役立てていってください!

【薄毛対策】アミノ酸シャンプーは薄毛対策にはもってこい!おススメの理由と特徴
他の記事で何回か登場しているアミノ酸シャンプー。シャンプーは大きく分けて3つに分かれてきますが、その中の一つであり、薄毛対策にはアミノ酸シャ...
血行不良を改善することがフサフサへの近道!血行不良が薄毛につながる仕組みと改善方法まとめ
血行不良は薄毛を招く原因としてかなり有名です。ストレス、栄養バランスの乱れ、不規則な生活などから血行不良は起こります。このようにさまざまな原...
【薄毛対策】育毛シャンプー・薬用シャンプーを使ったほうが良い理由…効果はあるのか??
薄毛対策としてまず真っ先に思いつくのは「育毛剤」。これだけでは心もとない…と思った時にふと思いつくのは「育毛シャンプー」ではないでしょうか。...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です