【薄毛対策】シリコンとノンシリコンは育毛に向いてるのはどっちのシャンプーか!ノンシリコンを勧める理由まとめ

Follow

薄毛を防ぐうえで頭皮の環境を整える、毎日のシャンプーはより育毛に効果的にやりたいですよね。そこで大事なのはやはりまずはシャンプーの種類です。シャンプー選びの時点で間違えてしまってはいくらケアをしても薄毛が進行していってしまいます。

そこで気になるのはシリコン、ノンシリコンの違い。一見ノンシリコンのほうがいいようにも感じますが、そうとも限りません。ですが、私の個人的な意見は薄毛にはノンシリコンのほうがいいです。  

そこでこの記事ではシリコンの働き、なぜ私がノンシリコンのほうがいいと考えるのかについてまとめてみました。

1.シリコンとは

髪にはシリコンが含まれています…なんて聞いたことありませんよね。もちろん髪自体には一切シリコンは含まれていませんし、シリコンを使うことによって髪に栄養を与える!なんてこともありません。

シリコンは成分表記は

  • シロキサン
  • シクロメチコン
  • ジメチコン
  • シリカ
  • シリル

これらは一例で名称がもっとたくさんあります。これらが書いているのがシリコンインシャンプー、それ以外がノンシリコンシャンプーに分類されます。

1-1.髪をコーティングする

シリコンは髪を包んでくれるの働きがあり、外からの刺激から髪を守ってくれます。またシャンプーをしている最中にも髪同士の摩擦を防ぐことができます。髪をダメージから守ってくれるのです。

ダメージを負っている髪もシリコンがあることによってサラサラとツヤのある髪にすることができます。ヘアカラーやパーマで傷んだ髪もまとまりやすくもなりますし、美しい髪を保ちやすくなります。

1-2.毛穴に詰まることはまずない

シリコンが毛穴に詰まるから髪が育ちにくくなり、薄毛につながってしまうなんてことは絶対にありません。

シリコンが頭皮に残るということはほとんどありません。残っているのであればそれは洗い落とせなかっただけです。それでも多少残っているくらいであれば、皮脂が押し出してくれるのでシリコンが毛穴につまるということはありません。

そもそも毛穴に何かが詰まるということもありません。詰まるというよりは、皮脂が過剰に分泌されて頭皮に残ってしまうことで汚れが付着した状態になるイメージです。

汚れがあれば当然頭皮の環境が悪くなってしまうため、薄毛にはつながりやすくなってしまいます。皮脂が過剰に分泌しているのであれば、まず過剰分泌の原因をなくしましょう。

シリコンが育毛、髪の成長に影響することはないので、シリコンインのシャンプーを使いたいのであれば安心して使ってください。

2.ノンシリコンを勧める理由

シリコンは育毛には一切影響はありませんし髪をダメージから守るというメリットもあります。しかしシリコンのメリットは、正しいやり方でシャンプーをすることでノンシリコンにとってはデメリットではありません。

ですが、なぜ私がノンシリコンを勧めるのかというと単純に育毛に効果的なシャンプーはほぼ全てノンシリコンということ。見つけるのが大変で、わざわざシリコンの入ったシャンプーを選ぶ理由がないからです。

スポンサーリンク

2-1.摩擦を起こすこと自体間違い

シリコンはこの摩擦を防ぐことができますが、ノンシリコンは防ぐことができません。これだけを聞くとシリコンのほうが良い気がしますが、シャンプーの際に髪同士が摩擦を起こし、ダメージを負ってしまうということはシャンプーのやり方を間違っています。

正しいやり方でシャンプーをしていれば摩擦で髪が傷むことは、ほとんどありません。髪をガシガシ洗いすぎてしまうと摩擦で傷んでしまうのですが、シャンプーは頭皮を洗うことが目的ということを忘れないようにしましょう。

【薄毛対策】間違ってないかチェックしよう。正しいシャンプーの手順、やり方
薄毛を防ぐためには頭皮の環境を整えることが大切です。そのために毎日のシャンプーは欠かせません。しかし間違ったやり方で続けてしまうと、髪の成長...

2-2.髪の傷みに気づけない

シリコンを使うことで傷んだ髪をコーティングしサラサラとしたツヤのある髪になります。ノンシリコンのシャンプーにはこの働きはありません。

ノンシリコンは髪が傷んでいれば傷んでいるだけ、ざらざらとした髪になってしまいます。髪が傷んでいることに気付けるのです。そのため原因を考えるきっかけになります。すぐに傷んでしまうということは、太く丈夫な髪が生えていないということになりますよね。

太く丈夫な髪を成長させ、ダメージを防ぐことができれば薄毛防止にもつなげることができます。

2-3.大事なのは頭皮

前述しましたが、髪の成長に大事なことは頭皮を清潔に保つことです。髪の汚れをとることも大切ですが、それよりも頭皮を清潔にする意識が大切です。シリコンで髪の毛のダメージを防ぐということで、薄毛を防ぐことにはつながりません。

頭皮の皮脂を適度にとり、清潔な状態を保ってあげ、皮脂の過剰分泌を起こさないようにしてあげること。さらに乾燥を防ぐために保湿をしてあげることが、薄毛を防ぐうえで重要視すべき部分なのです。

2-4.もっと大事なのは洗浄成分

シリコンが入っているものか、ノンシリコンのシャンプーを使うかを迷うことよりも自分に合った洗浄成分のシャンプーを選ぶことが重要です。

そもそも洗浄成分が自分にあっていなければ、いくらシリコンで髪をコーティングしても頭皮がトラブルを起こしてしまうことがあります。頭皮がトラブルを起こしてしまえば、当然薄毛につながりやすくなってしまいます。

まずは洗浄成分であなたにあったものを探し、そのうえでシリコンがあったほうがいいのか、ノンシリコンのほうがいいのかを考えましょう。

3.アミノ酸シャンプーを使うこと

シリコン、ノンシリコンに関してはハッキリいってお好みです。どうしてもシリコンインのシャンプーがいいのであれば使っても良いとは思いますが、育毛につながるかどうかは微妙なところです。

薄毛に悩んでいるのであれば、髪を成長させやくすること。つまり育毛に効果のあるものを選ぶことです。

前述しましたが、育毛に効果的なシャンプーはほぼ全てがノンシリコンです。そのシャンプーが”アミノ酸シャンプー”です。アミノ酸シャンプーは育毛をするうえで必ず使っておくべきシャンプーの種類です。

3-1.おススメシャンプー

いま使っているシャンプーは”高級アルコール系シャンプー”ではありませんか?この種類のシャンプーは刺激が強く、トラブルを起こしやすいシャンプーです。頭皮の状態を保つためにも、刺激の弱い”アミノ酸シャンプー”を使うようにしましょう。

アミノ酸シャンプーでおススメはリマーユスカルプシャンプー です。リマーユスカルプシャンプーは馬油も含んでいて、保湿の効果もあります。乾燥も防ぐことができますのでケアとしてはかなり楽になります。また初回購入は半額でお得なので、使ったことがない方はぜひ試してみてください。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→リマーユスカルプシャンプー

リマーユスカルプシャンプーが薄毛の悩みを解決!【レビューまとめ】育毛にはコレが効く理由
毎日の頭皮ケアといえばまず"シャンプー"。育毛にもっとも効果的なシャンプーはアミノ酸シャンプーと言われています。あなたも薄毛の悩みから早く解...

【まとめ】

シリコン、ノンシリコンの違い、また育毛に大事なシャンプーのことまでまとめてみました。

育毛で大事なことは頭皮を清潔にすることです。アミノ酸シャンプーを使うことで育毛に効果がありますし、頭皮の環境を整えてくれます。まずはシリコンよりも洗浄成分。あなた自身にあったシャンプーを使うようにしましょう。

ぜひ他の記事も参考にし、ケアに役立てていってください!

【薄毛対策】有酸素運動が薄毛予防につながる!4つの理由と髪との関係
働いていると、なかなか運動の習慣はつけづらいですよね。ご存知の通り、運動することによって我々人間は健康的に過ごすことができます。体のみならず...
AGAは男性の脱毛症は病院にいけば治る!まずは抜け毛が増える仕組みを知ろう
AGAはCMの影響もありかなりの人が知っている症状になりました。AGAになってしまうと髪が抜け毛が増え、新しい髪が生えてこないという最悪の状...
【キケン!】フケの原因はほとんどがシャンプー、フケにも2種類ある!
頭皮のトラブルは抜け毛を増やし、薄毛を進行させてしまいます。頭皮トラブルの一つの目安として"フケ"があります。フケは見た目もよくありませんし...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン
コメントの入力は終了しました。