【薄毛対策】髪のためにいい睡眠!太い髪を生やすために必要な時間はどれくらいなのか

Follow

髪を太い髪に成長させるためには睡眠をしっかりとる必要があります。睡眠不足は髪にとって、身体にとっても良いことはひとつもありません。

朝起きてもスッキリと目覚められないことはありませんか?日中に急に眠くなることはありませんか?これらを毎日のように感じていれば、それは睡眠不足です。薄毛を進行させてしまいます。

そこでこの記事では髪と睡眠の関係、そして何時間くらい寝たほうがいいのか、ゴールデンタイムについてもまとめてみました

1.睡眠不足が薄毛を招く

髪は寝ている最中に分泌される”成長ホルモン”によって成長することができます。睡眠時間が短くなってしまうと、それだけ成長ホルモンの分泌量が減ってしまうため髪が太く育つことができなくなってしまいます。

睡眠中には身体のメンテナンス、回復もおこなっています。この時間が足りなくなれば回復が間に合わなくなってしまいます。髪は必ずしも必要なものではないため、身体に不調があると栄養が運ばれるのが後回しになってしまい、髪の栄養不足になってしまい、薄毛につながってしまうのです。

1-1.自律神経が乱れる

睡眠不足になってしまうと、自律神経の乱れしまいます。そうなってしまうと以下のような不調が出てしまいます。

  • ストレスを感じやすくなる
  • 血行不良
  • ホルモンバランスの乱れ

これらすべてが身体にとって悪いもので、薄毛にもつながってしまう原因です。

1-2.頭皮トラブル

睡眠中に肌も再生、生まれ変わっていきます。

睡眠不足で肌荒れになることと同じように、頭皮も肌なので頭皮がうけたダメージを睡眠中に回復できなくなると、頭皮トラブルの原因になってしまいます。

頭皮環境が整っていない状態では髪は栄養をうけとりづらくなり、抜け毛の増加につながってしまいます。

1-3.エネルギー代謝

睡眠不足、不規則な生活はエネルギー代謝を悪くしてしまいます。

エネルギー代謝が良いと、身体に取りこんだ栄養素を効率よく使うことができるため、少ない栄養素で身体の状態を整えることができます。逆に悪くなってしまうと、栄養素を使いすぎてしまい、髪の栄養不足につながってしまうのです。

2.睡眠時間

身体に必要な睡眠時間は人によって違いますが、概ね6時間から8時間の間が良いと言われています。

 

目が覚めやすい時間といえば90分刻みの時間です。つまり4時間半、6時間、7時間半となります。これは目覚めをよくするだけではなく、脳の働きもよくなります。脳がしっかり休むことができれば、おのずと身体の回復も進むのです。

仕事などの関係で睡眠時間を確保するのが難しい方もいるとは思いますが、髪のためにも少しでも確保できるように工夫するようにしましょう。最低でも6時間の睡眠をとるようにすることがおススメです。

3.ゴールデンタイム

成長ホルモンが分泌され、細胞が活発に働く時間帯は夜10時から2時の間です。この時間帯に寝ることによって、髪は最も効率よく成長することができます。ですが、なかなかこの時間帯に寝るというのは難しいですよね……。

3-1.生活リズムを作ろう

夜10時以降に帰るような生活をしている人も多いでしょう。このような人にまず重要なのは生活リズムを作ることです。一般的にこのようなゴールデンタイムは生活リズムがあるからこそ生まれます。

身体が寝る時間になると、睡眠に入るモードに切り替わります。成長ホルモンを分泌する用意を始めるということです。つまり、生活リズムさえ整っていれば、身体は寝る時間に近づくと睡眠に入るモードに切り替えることができます。

大事なのは生活リズムです。生活リズムを整えることで自分のゴールデンタイムを作ることができます。夜10時から2時はあくまで目安として考えましょう。

スポンサーリンク

4.質の良い睡眠をとるために

身体を休めるためには質の良い睡眠をとらなければいけません。よく聞くレム睡眠、ノンレム睡眠というやつです。寝ても疲れがとれないという人は、ノンレム睡眠の時間、深い眠りの時間が短くなっていると言われています。

深い眠りにつけない原因はストレスなどもありますが、ストレスを抜きにして入眠前のおススメ習慣についていくつか紹介していきます。

4-1.昼間は日光を浴びる

日光を浴びることで体内時計が整いやすくなります。体内時計が整うことによって夜決まった時間に眠りにつきやすくなります。

さらに日光を浴びることによってセロトニンという物質が分泌されます。セロトニンは抗うつに働き、ストレスを感じにくくなります。そして夜にセロトニンがメラトニンに変わり、深い睡眠をとりやすくしてくれるのです。

4-2.寝る1時間前のお風呂

人間は眠くなる前には徐々に体温が下がっていきます。38℃から40℃くらいの熱すぎないお風呂に入ることで身体が芯まで温まります。そうすると徐々に皮膚が冷えていき、そのまま眠りにつくまでの体温がさがっていくので、眠りにつきやすくなります。

お風呂は血行促進の効果もあるので、薄毛対策にもつながるのでできる限り長く入るようにすることがおススメです。

4-3.携帯やパソコンなどの画面は見ない

強い光で目を刺激してしまうと脳も刺激されてしまい眠りにつきにくくなってしまいます。さらに日光を浴びると体内時計が整うように、強い光は体内時計が狂いやすくなってしまいます。

寝る前は画面を見ないように、間接照明で読書をしたりすることがおススメです。

4-4.運動の習慣

日中に運動の習慣をつけることで、生活リズムもつき、適度に身体を動かすことで眠りに入りやすくなります。

運動は血行促進、ストレス解消にもつながるため薄毛を改善したいのであればやっておきたい習慣のひとつです。

【薄毛対策】有酸素運動が薄毛予防につながる!4つの理由と髪との関係
働いていると、なかなか運動の習慣はつけづらいですよね。ご存知の通り、運動することによって我々人間は健康的に過ごすことができます。体のみならず...

【まとめ】

睡眠と髪の関係、睡眠時間、髪に効果的な眠りの入り方についてもまとめてみました。

髪にとって睡眠はとても大切なものです。髪のためにも睡眠不足を避け、少しでも確保できるように工夫しましょう。さらにそのうえで規則正しい生活を送っていき、育毛ケアをおこなっていきましょう。

ぜひ他の記事も参考に、ケアに役立てていってください!

【薄毛の原因】朝シャンは髪に悪い!薄毛を招いてしまうかもしれない原因
朝シャンしてる方は意外と多いと思います。しかしこの朝シャン、薄毛を招いてしまうことがあるんです。朝はどうしても眠いので、眠気覚ましとして……...
【薄毛対策】紫外線が髪・頭皮に及ぼす影響…紫外線対策は大丈夫?
夏になると日焼け止めをするなど、紫外線の対策を行っている方は多いと思います。紫外線は、1年中あるものですが一番無防備なのは髪・頭皮です。頭皮...
【薄毛対策】間違ってないかチェックしよう。正しいシャンプーの手順、やり方
薄毛を防ぐためには頭皮の環境を整えることが大切です。そのために毎日のシャンプーは欠かせません。しかし間違ったやり方で続けてしまうと、髪の成長...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です