薄毛を防ぐにはお風呂の入り方がポイント!正しい入浴で薄毛対策につなげよう

Follow

毎日のケアの一つであるシャンプー。シャンプーとともにお風呂への入り方を工夫することで薄毛を防ぐことにもつながります。

そして間違った入浴方法、シャンプーの方法では薄毛を進行させてしまいます。

そこでこの記事では薄毛を防ぐことにつながる入浴方法、またケアの仕方についてもまとめてみました。

1.間違った入浴方法

1-1.シャワーだけ

普段シャワーだけという方はできるだけお風呂につかるようにしましょう。お風呂につかることによって血行促進につながり、またリラックス効果もあるためストレス解消につながります。

また女性は身体を温めることで女性ホルモンの分泌を促すこともできます。

シャワーだけでは身体の表面は温まりますが、内側まで温まらないためすぐに冷えてしまいます。薄毛を防ぐために身体をできるだけ温めるよう、湯船につかることがおススメです。

1-2.朝シャン

普段から習慣的に朝シャンをしているかたはやめるようにしましょう。

朝にシャンプーをしてしまうと夜に分泌された頭皮の皮脂が洗い流されてしまいます。皮脂は紫外線などの外からの刺激から守ってくれ、頭皮を乾燥させないようにしてくれています。

朝に落としてしまうと日中に必要なぶんの皮脂が分泌されてしまいます。補うために分泌されてしまうため過剰分泌につながってしまいます。過剰分泌はにおいの原因になったり、細菌の繁殖も招いてしまいます。細菌が繁殖してしまうと、やはり薄毛につながってしまいます。

夜に一回だけが理想です。もし寝癖直しや眠気覚ましのために朝にシャワーを浴びていて、続けたいのであればシャンプーはやめましょう。また頭皮にお湯を当てすぎないように、皮脂を落としすぎないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

1-3.熱すぎるお湯

お風呂に入るときに熱いお湯で入っていると血行が急激に良くなってしまいます。

血流が急に良くなると、心臓にも多くの血液がいってしまい自律神経が働き過ぎてしまいます。こうなるとリラックス効果がなくなってしまいます。また興奮状態に似たような症状になってしまい、夜寝付けなくなってしまいます。

熱いお湯は長く入ってることができないので、結局表面だけしか温めることができないこともあります。せっかくお風呂につかっているので、体の芯まで温めるためにも熱いお湯はおススメできません。

2.薄毛対策の入浴方法

2-1.熱すぎないお風呂にゆっくり入る

お風呂は熱すぎないお湯にしましょう。39℃~41℃くらいが目安です。それ以上になってしまうと長く入ることができません。

のぼせないように15分以上は入りましょう。長ければ長いほど体は温まってくれます。長くつかることによって汗もかきますし、代謝がよくなります。血行促進にもつながり髪にしっかり栄養を届けることができます。

自律神経の働きも穏やかになり正常に働きます。身体の機能も整えやすくなりますし、ストレス解消にもつながります。

このように多くの効果があることは運動とお風呂でしかありません。毎日これだけ簡単に運動と同じような効果を生んでくれるのでぜひ続けるようにしましょう。

【薄毛対策】有酸素運動が薄毛予防につながる!4つの理由と髪との関係
働いていると、なかなか運動の習慣はつけづらいですよね。ご存知の通り、運動することによって我々人間は健康的に過ごすことができます。体のみならず...

2-2.最後に汗を流す

お風呂にゆっくりつかったらシャワーで汗をしっかり流しましょう。

汗は細菌が繁殖しやすくなっています。お風呂での汗は普段かく汗よりも断然多いため、肌が弱い人は放置しているとかゆみや炎症の原因にもなります。

シャンプーまですることはありませんが、お湯でしっかりと頭、体の汗を落とすようにしましょう。

2-3.髪はドライヤーで乾かす

お風呂からあがったら、ドライヤーを使って髪を乾かしましょう。

まずタオルで髪を抑えるようにある程度の水分をとりましょう。その後ドライヤーを使っていきます。ドライヤーは15センチ以上離し、小刻みに動かしながら使いましょう。同じところに熱を与えすぎてしまうと、髪のダメージ、頭皮の乾燥を招いてしまいます。

8~9割くらい乾いたら、育毛剤を使うようにしましょう。

まだ少し濡れているようであれば、そこからは冷風のドライヤーを使って乾かしましょう。こうすることで髪、頭皮にダメージを与えることはありません。

3.育毛ケア

髪を生やしたいのであれば育毛ケアもやるようにしましょう。ケアをやることで薄毛は早く良くなります。

もちろんお風呂などの日常生活のケアは大切ですが、それだけではかなり時間がかかりますし、育毛につながるとは言い切れません。薄毛の原因はさまざまでハッキリと原因を見つけることは難しいのです。

そのためどんな原因であっても薄毛をこれ以上進行させないために、育毛ケアをやるのです。普段の生活習慣を変えることはなかなか難しいですし、根気のいるものです。さらに合っているのかどうかも確認できないため、不安になり、ストレスになってしまうこともあります。

育毛ケアをやることで不安からは解消されます。とにかく信じて使い続けるだけなのですから。使い続けることで髪が生え始めてれば、薄毛の悩みからは解放され、自信がつくはずです。

コミュニケーションもうまくとれるようになって女性からモテ始めたり、仕事もうまくいくかもしれません。どんな良いことが待っているかわからないのです。将来の幸せのためにも、続けていくようにしましょう。

3-1.育毛シャンプー

育毛シャンプーとはアミノ酸シャンプーのことです。アミノ酸シャンプーは刺激が弱く、皮脂の取りすぎを防ぐことができます。さらに保湿の成分が入っているものもあるので、乾燥も防げ、頭皮環境も整います。

アミノ酸シャンプーでおススメはリマーユスカルプシャンプー です。リマーユスカルプシャンプーは馬油も含んでいて、保湿の効果もあります。乾燥も防ぐことができますのでケアとしては楽になります。頭皮を清潔に保ってくれるのでとてもおススメです。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→リマーユスカルプシャンプー

リマーユスカルプシャンプーが薄毛の悩みを解決!【レビューまとめ】育毛にはコレが効く理由
毎日の頭皮ケアといえばまず"シャンプー"。育毛にもっとも効果的なシャンプーはアミノ酸シャンプーと言われています。あなたも薄毛の悩みから早く解...

3-2.育毛剤

頭皮環境を整える成分。さらに髪を生やすために大事な成分も多く入っています。薄毛を改善するためには、育毛剤だけは最低限使っておきたいケア用品です。

育毛剤でおススメはイクオスです。イクオスは他の育毛剤に比べると安く手に入れることができます。さらにまとめ買い、定期購入であればサプリが無料でついてきます。

育毛効果も高く4人に3人以上の人が3か月以内に効果を感じ、リピート率も97.5%とかなり高く安心できる育毛剤です。

天然成分でできていて刺激も弱くかなりおススメです。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→ イクオス

イクオスがおススメの理由ってなんだ!驚きの効果と口コミ、レビューまとめ
私が運営するこのサイト「発毛・育毛で人生を変える」では育毛剤はイクオスをおススメしています。この育毛剤こそが"人生を変える"近道になると考え...

3-3.育毛サプリ

頭皮の環境を良く保つためには、栄養バランスのとれた食事を摂るようにしなくてはいけません。いくら気を遣ってもなかなかうまくいかないこともあるので、そうならないためにサプリで補うようにしましょう。

おススメはBOSTONです。BOSTONは有名なサプリで育毛を促進する成分、頭皮環境を良くする成分を多く含んでいます。ここまで多くの成分が入っていれば、万が一食事バランスが崩れたとしても補うことができます。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→ BOSTON

【育毛サプリ】薄毛、AGAを改善したいならBOSTONにすべき!効果とレビューまとめ
薄毛をすぐに改善したいのであれば、育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリを組み合わせて使うことがおススメです。それぞれ違うメリットがあり、髪が生...

【まとめ】

薄毛を進行させないため、改善するための入浴方法についてまとめてみました。

お風呂はつかってゆっくりするだけなのでとても簡単です。15分から20分は時間がかかりますが、その間に本を読むなどするなどの工夫次第でなんとでもなります。毎日意識してつかるようにしましょう。

ぜひ他の記事も参考に、ケアに役立てていってください!

【薄毛の原因】頭皮が乾燥は薄毛を進行させる…乾燥につながる5つの原因と改善方法
タイトルの通り頭皮の乾燥は薄毛を進行させてしまいます。 頭皮の乾燥はかゆみやフケの原因にもなってしまいます。かゆみは日常生活にも支障を...
【髪を生やす】育毛剤・発毛剤を効果的に使うための5つのポイント
育毛剤を使う上で気になったことはあるでしょうか?  どういった手順が一番育毛剤をより効果的に使うことができるのか。  やはり、毎日のケアでも...
血行不良を改善することがフサフサへの近道!血行不良が薄毛につながる仕組みと改善方法まとめ
血行不良は薄毛を招く原因としてかなり有名です。ストレス、栄養バランスの乱れ、不規則な生活などから血行不良は起こります。このようにさまざまな原...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です