【髪のケア】ダメージが溜まっている証拠?!髪の毛がパサパサな原因と改善方法まとめ

Follow

髪がパサパサだと広がりやすくなってしまいますし、切れ毛枝毛の原因にもなってしまいます。

オシャレもどんどんと進んでいて、髪が傷む機会はかなり多くなっています。やはりできるなら避けたいですし、改善したいですよね。

そこでこの記事では髪がパサパサになる原因から、改善方法についてもまとめてみました。

1.髪がパサパサになる原因

1-1.ダメージが溜まっている

髪がパサついてしまう原因はダメージです。髪はダメージを受けると”キューティクル”が剥がれてしまいます。

キューティクルは髪一本一本の一番外側にあり、髪の水分を保ったり、外からの衝撃や刺激から守る働きがあります。

パサパサにさせないためにはキューティクルを剥がさないようにすることが大切なのです。

1-2.水分が抜けていってしまう

髪のキューティクルが剥がれてしまうと、髪の水分が抜けていってしまいます。髪にも水分があり12%~14%と言われています。これ以下になってしまうとパサついた髪になっていきます。

一度でもキューティクルが剥がれてしまうとその隙間は埋まりません。そうなると乾燥した室内にいるだけでも、熱によってもどんどん抜けていってしまいます。

2.ダメージを避ける

パサついた髪にしないためにはいかにキューティクルを剥がさないかです。

一度傷んだ髪は元に戻らないため、一度でも傷ませないように気を遣っていかなければいけません。これから伸びてくる髪を傷ませないように、いま傷んでしまった髪はさらに傷めないようにしましょう。

スポンサーリンク

2-1.ヘアカラーやパーマの頻度

ヘアカラーとパーマの頻度はそれぞれ年に2回が限度だと思いましょう。

ヘアカラーは一度キューティクルを剥がし、その間から色素を入れていくものです。

またパーマはタンパク質を変質させることによって形をつけていきます。髪はタンパク質でできています。卵に一度火を入れると生卵には戻せないように、髪も一度変質させてしまうと元に戻りません。

どちらもキューティクルを剥がしてしまう行為です。やらないに越したことはありませんが、どうしてもやりたいのであれば、頻度は絶対に落とすようにしましょう。

2-2.シャンプーは自分に合ったものを使う

シャンプーも髪が傷む原因になります。

シャンプーは洗剤なので洗浄力の強いものを使っていると肌と同じように、油分を取られすぎてしまうことがあります。また水分も同じように飛びやすくなってしまいます。

市販のシャンプーは「高級アルコール系シャンプー」と言われ、洗浄力と刺激が強いのが特徴です。高級アルコール系シャンプーは頭皮トラブルの原因にもなることがあるので、アミノ酸シャンプーに変えることがおススメです。

アミノ酸シャンプーは刺激が弱いため髪にも優しいのが特徴です。使ったことがないという方はぜひ使ってみましょう。

2-3. 乾燥のさせ方を変える

お風呂からあがったら髪にドライヤーをかけると思いますが、その乾かし方次第でもパサついた髪になってしまうことがあります。

まず自然乾燥は絶対にNGです。お風呂上がりはキューティクルが開いている状態です。放置していると、自然と水分が蒸発していってしまいます。できるだけ早く閉じてあげなければいけません。また細菌の繁殖の原因にもなってしまいます。

髪を乾かすときドライヤーは15センチ以上離し、小刻みに動かしながら使いましょう。同じところに当てていると熱によって水分が飛んでしまいます。

そして必ず根元から乾かすようにしましょう。毛先は髪がまとまっていないためすぐに乾きます。乾いた髪にドライヤーを与えているとやはり髪の水分は飛んでしまいます。

2-4.紫外線対策

夏だけに限らず紫外線対策は重要です。

髪はなにも対策をしないと一番無防備な部分で、外に出ている限りかなりの量の紫外線を浴びます。紫外線は熱も強いですし、髪の日焼けや頭皮の日焼けの原因にもなります。

髪が日焼けすると、髪が白っぽく見えるようになったりして細くなっていきます。頭皮の日焼けは髪がうまく成長できなくなってしまい、髪が太く成長できなくなってしまいます。どちらももろい髪になってしまうので、キューティクルの強度が落ちてしまいます。

紫外線対策は夏であれば日傘や帽子、冬であればニットでも十分です。とにかく日光を直接当てないように対策をするようにしましょう。

2-5.強い髪を作る

キューティクルの層を厚くするために太くしっかりとした髪に成長させることも重要です。

髪をしっかりと成長させるためには、頭皮環境を整えること、毎日栄養バランスのとれた食事を食べること、規則正しい生活、運動の習慣などいろいろなことが関わってきます。

まずは自分の髪が細くなってしまう原因はないかを考えてみましょう。そのうえでケアの方法を考えて、習慣づけるようにしましょう。

3.ケアをしよう

ダメージを負ってしまった髪は元には戻りませんが、キューティクルの隙間を違うもので埋めることはできます。もしくはキューティクルの層を滑らかにして、手触りを良くしたりすることもできます。

3-1.トリートメント

美容院でトリートメントをやる方も多いと思いますが、トリートメントは家でもできるのでやるようにしましょう。

トリートメントをすることによって開いたキューティクルの隙間に髪に必要な栄養素や手触りを良くする油分を埋めることができます。痛みをこれ以上広げないためにはやっておきたいケアの一つです。

毎日やる必要はないと思いますが、週に一回でもやるだけで全然違うはずです。

3-2.ヘアオイル

ヘアオイルはなかなかやっている方はいないのではないでしょうか?

ヘアオイルは鉱物性と植物性とあり、自分がどういった髪にしたいかによって変えることができます。植物性は頭皮にも優しく、サラサラで自然な仕上がりになります。鉱物性はミネラルが豊富なのでツヤが出やすく、滑らかな仕上がりになります。

お風呂上がりに軽くなじませるだけでも効果があるのでぜひ試してみましょう。

3-3.アミノ酸シャンプー

シャンプーが刺激が強いものを使うと髪が傷みやすくなるということは前述しました。

そこでアミノ酸シャンプーを使うようにしましょう。アミノ酸シャンプーは頭皮を保湿する成分が入っているので、頭皮の環境も整いやすく髪がしっかり成長することができます。

ノンシリコンかシリコンインシャンプーかはお好みですが、シリコンが入っていれば髪同士の摩擦を防ぐことができます。ノンシリコンは少し髪同士の摩擦を気にするようにした方がいいでしょう。

アミノ酸シャンプーでおススメはリマーユスカルプシャンプー です。リマーユスカルプシャンプーは馬油も含んでいて、保湿の効果もあります。乾燥も防ぐことができますのでケアとしては楽になります。頭皮を清潔に保ってくれるのでとてもおススメです。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→リマーユスカルプシャンプー

リマーユスカルプシャンプーが薄毛の悩みを解決!【レビューまとめ】育毛にはコレが効く理由
毎日の頭皮ケアといえばまず"シャンプー"。育毛にもっとも効果的なシャンプーはアミノ酸シャンプーと言われています。あなたも薄毛の悩みから早く解...

【まとめ】

髪がパサパサになる原因から、防ぐ方法についてもまとめてみました。

髪がパサパサだと感じるということは髪の水分がなくなっているということです。ダメージを与えないように髪のケアをしていかなければいけません。ぜひ習慣づけていくようにしましょう。

ぜひ他の記事も参考に、ケアに役立てていってください!

【髪のケア】髪質改善、薄毛対策にはヘアサイクルの3つの働きを知る!
髪が細い… 抜け毛が増えてきた… このような悩みを持っている方はヘアサイクルが乱れていないか確認しましょう。髪を健康的に育てるためにはヘアサ...
【カチカチ頭皮は薄毛の原因】頭皮が固くなる仕組みと3つの改善方法
頭皮がカチカチという方は薄毛になる可能性が非常に高いです。また、現在薄毛の方で頭皮がカチカチに固いという方は柔らかくすることによって薄毛予防...
頭皮がにおうようになってきたら薄毛が始まるかもしれない…頭皮のにおいと薄毛の関係
髪は頭皮の血液から栄養をもらうことで健康的に成長することができます。そのため頭皮になにかしらのトラブルがあると薄毛になりやすくなってしまい、...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です