【薄毛の原因】目の疲れが、薄毛につながる…目の疲れと髪の毛に共通した栄養素がある

Follow

現在私たちの身の回りにはスマホ、タブレット、パソコンなど目をよく使う機器であふれています。これらのようなものを使わない生活などは考えられませんよね。

実は目の疲れは薄毛につながってしまうのです。そういわれても日常生活、仕事では必要なもの、どうしようもない……と考えるの当たり前かと思います。

そこでこの記事では目の疲れから薄毛にどうつながってしまうのか、また改善方法についてもまとめてみました。

1.目の疲労

目の疲労のことを眼精疲労といいますが、この眼精疲労の症状といえば

  • 目のかすみ
  • 目の痛み
  • 目が乾く
  • 頭痛

これらの症状があれば、眼精疲労を起こしてしまっています。確かに誰にでもありそうなことですし、1カ月に1回程度であれば薄毛につながるほどではないかと思います。その程度であれば目を休める、睡眠をとることによって良くなるので眼精疲労ではなく、”疲れ目”と呼ばれています。

ちなみに眼精疲労の原因は

  • 長時間、画面を見つめている
  • 長時間同じ姿勢でいる
  • ストレス
  • 自律神経の乱れ

週に3回以上目の疲れを感じ、睡眠をとっても良くならないのであれば眼精疲労です。さらに薄毛につながる可能性は大です。

1-1.システインの消費

目の疲れを回復するときにはビタミンB群の一種である”システイン”が消費されます。髪は”ケラチン”という物質でできていて、システインはタンパク質からこのケラチンの合成に働き、髪を太くしっかり育ててくれます。

目は人間にとって必要なものなので、髪よりも優先されて栄養が送られます。目が疲れていればいるだけシステインを消費してしまうため、髪に必要なぶんが足りなくなってしまうことがあり、薄毛につながってしまうのです。

1-2.血行不良

目の周りも多くの血管が通っていて、適度に動かしてあげないとコリの原因になってしまいます。さらに画面から目を離さないということは、それだけ同じ姿勢をとり続けているということなので、肩こりの原因にもなってしまいます。

コリというのは血液が滞ってしまっている証拠なので、血行不良になってしまっています。髪は頭皮を通る毛細血管の血液から栄養をうけとることで太く、長く育つことができます。血液が滞ってしまうと、毛細血管を通る血液の量が減ってしまうので、髪が栄養不足になりやすくなってしまい、薄毛につながるのです。

2.システインの働き

システインは髪を合成する、目の疲れを回復させるためだけではなく、さまざまなことに役立っています。例えば

  • 抗酸化作用
  • 新陳代謝をあげる
  • シミ、そばかすの防止
  • 美白、美肌効果
  • アルコールの代謝

抗酸化作用、新陳代謝があがれば頭皮の環境を正常に保つことができるます。そうなることによって髪が栄養をうけとりやすくなり、太くしっかりと成長することができます。頭皮だけでなく肌をキレイにする働きもあるのです。

さらにアルコールの代謝にも働き、”アセトアルデヒド”と呼ばれる有害物質を分解する働きがあります。アルコールを摂取すればするだけシステインは消費されてしまうので、目の疲れだけでなくアルコールの摂取量にも気をつけるようにしなければいけません。

スポンサーリンク

3.改善方法

3-1.食事、サプリでシステインを摂取

システインを食事で摂るには、以下の食品を意識して食べるようにしましょう。

  • かつお
  • いわし
  • しらす
  • 大豆
  • レバー
  • 乳製品

またシステインはサプリメントから摂ることもできます。サプリであれば使った分も補給されるため、目の回復も促され、髪にとっても良い効果があります。

Lシステイン(ビタミンC/ビタミンB6も+) 500mg 100粒 NOW【消費期限目安:2019年11月まで】/L-システイン/now/ナウ/サプリメント/サプリ

価格:1,160円
(2016/2/5 02:15時点)
感想(199件)

3-2.目の周りを温める

目の周りの血行を良くするためにもホットタオルなどを使って、1日の終わりには目の周りを温めましょう。

最近では市販でホットアイマスクというものも売っていますが、濡れタオルをレンジにかけたものでも構いません。お好みで好きなほうにしましょう。

目に疲れを感じたときだけでも良いとは思いますが、仕事などで目が疲れやすい環境であるのであれば、週に何回か決めて定期的おこなってあげることがおススメです。

花王 めぐりズム 蒸気でホットアイマスク ラベンダーセージの 香り 14枚【めぐりずむ】【メグリズム】【メグりずむ】

価格:950円
(2016/2/5 17:20時点)
感想(1件)

3-3.マッサージ

目の周りのマッサージも大切ですが、できるのであれば肩や首周り、全身もマッサージしてあげましょう。

目の周りの血液は肩、首を通ってきた血液です。ここにコリがあると、それだけ目にも血液がいかなくなってしまいます。さらに下から血行を促進してあげることで、目の周りの血行もよくなり、髪にも栄養が運ばれやすくなります。

3-3.適度に体を動かす

長時間、同じ姿勢をとることが多いのであれば、体をたまに動かしてあげましょう。これもマッサージと同じことで、血流を少しでもよくすることが大切なのです。

1時間に1回でも軽い伸びや立ち上がったりして体を動かすようにしましょう。

3-5.睡眠をしっかりとる

やはりもっとも大事なのは睡眠です。目を閉じ、寝ている間に目が回復されていきます。

いま睡眠不足と感じることがあれば、少しでも長く睡眠をとれるようにしましょう。十分な睡眠は髪のためにも必要なことです。

3-6.お酒の量を減らす

システインを無駄に使わせないためには、お酒の量を減らすことも大切です。

前述した通り、システインは目の回復だけでなくアルコールの代謝、分解にも働いています。アルコールをとればとるほどシステインは消費されてしまうので、飲み過ぎには注意しましょう。

【まとめ】

目の疲れから薄毛につながることはあるということでまとめました。

薄毛を改善する、髪をしっかりと成長させるためには身体の健康が第一です。目の疲れだけでなく、内臓系なども健康に気を遣わなければいけません。いま目の疲れが多いのであれば、システインのサプリをとってみましょう。そのうえで薄毛を改善するためにケアをしていきましょう。

ぜひ他の記事も参考にしていってください!

【薄毛の原因】朝シャンは髪に悪い!薄毛を招いてしまうかもしれない原因
朝シャンしてる方は意外と多いと思います。しかしこの朝シャン、薄毛を招いてしまうことがあるんです。朝はどうしても眠いので、眠気覚ましとして……...
【薄毛対策】紫外線が髪・頭皮に及ぼす影響…紫外線対策は大丈夫?
夏になると日焼け止めをするなど、紫外線の対策を行っている方は多いと思います。紫外線は、1年中あるものですが一番無防備なのは髪・頭皮です。頭皮...
【薄毛対策】間違ってないかチェックしよう。正しいシャンプーの手順、やり方
薄毛を防ぐためには頭皮の環境を整えることが大切です。そのために毎日のシャンプーは欠かせません。しかし間違ったやり方で続けてしまうと、髪の成長...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン
コメントの入力は終了しました。