【薄毛の原因】髪の成長に悪い食べ物を具体的にあげる!

Follow

髪を成長させるためには髪に良い栄養をしっかり摂ってあげることです。そういった食事を続けることによって髪は生えやすくなり、薄毛の進行を止めることができます。

そして身体にあまり健康的でない食事を摂ることは髪にとって良くありません。それを防ぐためにも避けたほうがいい食べ物についても知っておくことが大切です。

そこでこの記事では髪に悪い食べ物についてまとめてみました。

1.脂質が高いもの

脂質を摂りすぎてしまうと皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。皮脂の過剰分泌はにおいやフケの原因になってしまい、さらに頭皮の環境を悪くしてしまいます。

血行不良にもなりやすく、髪に必要な栄養が運ばれなくなってしまいます。肥満にもなりやすくなってしまい、内臓の働きが悪くなってしまいます。そうなってしまうとやはり髪に必要な栄養素が足りなくなってしまいます。

脂質の量はできる限り抑えるように意識することが大切です。

1-1.丼もの

丼ものはカロリーは約1000kcalと高く、脂質も高いです。

牛丼やかつ丼、天丼といったものは野菜が少なく、栄養バランスも偏ってしまいます。簡単に食事が済ませられることは魅力的ですが、定食系の食事のほうがバランスが取れているのでできる限りは定食で済ますようにしましょう

スポンサーリンク

1-2.ラーメン

なんとなく想像はつくとは思いますが、ラーメンも脂質が高い食品です。

ラーメンの脂質はほとんどがスープに含まれています。スープを残して食べるようにすれば多少は防ぐことができます。しかしそれで脂質が低くなるかというと、それでも高いです。

またラーメンは脂質だけでなく、塩分も高い食品です。塩分の摂りすぎもやはり身体には良くありません。

ラーメンはできるだけ避けて、麺類を摂りたいのであれば蕎麦がおススメです。

2.塩分の高いもの

塩分の高いものは高血圧を招いてしまいます。高血圧になってしまうと血行不良になってしまい、髪にうまく栄養がいかなくなってしまいます。

中には塩分を摂りすぎていても高血圧にならない人がいます。実は塩分が原因で高血圧になる人は50%程しかいません。しかし、高血圧にならない人でも内臓系には確実にダメージがいっています。

内臓はさまざまな栄養素を使って働いていたり、回復していたりします。それらのために多く栄養素を使ってしまうと、髪に必要な栄養素が足りなくなってしまいます。

塩分の摂りすぎは巡り巡って薄毛を進行させやすいのです。

2-1.インスタント麺

インスタント麺は特に塩分が高いです。

またカロリーも高いのですが、なんといっても他の食品に比べて栄養価が低すぎます。塩分、カロリーが高く、さらに栄養不足になりやすくなってしまいます。

一日一食であってもインスタント麺で過ごすことはやめたほうがいいです。

2-2.ハンバーガー

ハンバーガーも塩分が高いです。

またハンバーガーは脂質も高いです。そこにポテトやジュースをつけてしまうとさらに脂質、糖質も摂りすぎてしまいます。

美味しくてどうしてもたまに食べたくなる食品ですが、一カ月に一回を限度にすることがおススメです。

3.栄養価の低いもの

やはり栄養不足になりやすい、栄養価の低い食品は避けたほうがいいです。満腹感だけを得ても身体には良くありません。

栄養不足は髪だけでなく、身体にも影響が出てきます。自律神経を乱しやすくなってしまったり、ストレスを感じやすくなってしまったりします。

3-1.インスタント食品

インスタント麺も一緒ですが、その他のインスタント食品も栄養価が低いです。

加工食品を作るときには添加物を多く使います。添加物を摂取することが身体に悪いというわけではありません。添加物にはほとんど栄養がないのが問題なのです。

やはり一から添加物なしで調理されたものに比べるとかなり栄養価が低く、インスタント食品だけで過ごしていると身体にも異常が出やすくなります。

3-2.コンビニ弁当

コンビニ弁当もインスタント食品と同じです。

長持ちさせるために多くの添加物を使うため、栄養価が低くなります。

コンビニでもスーパーでもカット野菜、サラダが売っていますが、実はそれらにも栄養がほとんどありません。漂白や洗浄の過程でほとんど栄養は流れてしまっています。できる限りレタスやキャベツは家で切るようにすることがおススメです。

4.冷たいもの

冷たいものは血行不良になりやすくなってしまいます。普段から肩こりや冷え性などの血行不良の症状がある人は避けるようにしましょう。もちろん血行不良でないという人は、飲み過ぎなければ問題ありません。

髪は頭皮を通る血液から栄養素を受け取ることで成長することができます。そのため、血行不良は髪に栄養が送られなくなってしまうため薄毛につながってしまいます。

冷たいものを避け、常温や温かい物を摂るようにして、血行を促進してあげることが大切です。

4-1.アイスクリーム

アイスクリームは糖分も高いため避けるようにしましょう。

人間は冷たいものの味を感じ取ることができないため、かなり濃いめに味がついています。濃ければ濃いほどカロリーも高くなりますし、糖分も高くなります。

糖分は血流を悪くしてしまい、また肥満にもつながりやすいです。さらに糖分を分解するときには「ビタミンB2」が消費されます。ビタミンB2は髪を作るときに必要な栄養素で、少なくなってしまうと薄毛にもつながってしまいます。

4-2.清涼飲料水

ほとんどがアイスクリームと一緒の理由です。清涼飲料水、ジュースはかなり糖分が高いため、お茶や水を飲むようにしましょう。

【薄毛対策】飲み物で薄毛の進行はとめることができる!まずは見直してみよう
薄毛を防ぐうえで大事なことは"食生活の改善"です。髪は頭皮を通る血液から栄養素を受け取ることで成長することができます。栄養が不足してしまった...

5.少しでも不安があるならサプリを飲む

薄毛を防ぐために、髪に悪い食べ物をできるだけ避ける、そのうえで三食バランスよく食べることはなかなか簡単ではありません。いくら意識しても、日によってはバランスが崩れてしまうことは絶対にあります。

そういった日のためにも、毎日サプリメントで補うようにすることがおススメです。サプリメントは身体にも髪にも良いため、毎日の健康にもつながります。

おススメはBOSTON です。BOSTONは有名なサプリで育毛を促進する成分、頭皮環境を良くする成分を多く含んでいます。ここまで多くの成分が入っていれば、万が一食事バランスが崩れたとしても補うことができます。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→ BOSTON

【薄毛対策】育毛サプリは本当に効果があるのか…半信半疑は絶対にダメな理由
育毛剤、育毛シャンプーを試していて、気になりだすのは育毛サプリですよね?育毛サプリとうたっている広告であっても、サプリメントだけで育毛の効果...

【まとめ】

髪に悪い食べ物についてまとめました。

何度も書いてしまっていますが、薄毛を防ぐためには栄養バランスのとれた食事を摂ることは絶対です。栄養不足で髪が生えることは絶対にありません。毎日意識して摂るようにしましょう。サプリを常用することもおススメです。

ぜひ他の記事も参考に、ケアに役立てていってください!

血行不良を改善することがフサフサへの近道!血行不良が薄毛につながる仕組みと改善方法まとめ
血行不良は薄毛を招く原因としてかなり有名です。ストレス、栄養バランスの乱れ、不規則な生活などから血行不良は起こります。このようにさまざまな原...
【薄毛対策】育毛のためにはビタミン!4つのビタミン摂取で髪が生えやすくなる
普段の食事の中でビタミン摂取に気を遣っていますか? ビタミンの種類はかなり多くそれぞれの働きがどういったものなのか、さらにどういう食品に含ま...
【薄毛対策】間違ってないかチェックしよう。正しいシャンプーの手順、やり方
薄毛を防ぐためには頭皮の環境を整えることが大切です。そのために毎日のシャンプーは欠かせません。しかし間違ったやり方で続けてしまうと、髪の成長...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です