【髪の豆知識】髪が細いと薄毛につながる…髪が細くなってしまう原因と改善方法まとめ

Follow

髪が細いとそれだけ髪のボリュームが減ってしまい、頭皮が見えやすくなってしまいます。特に前髪や頭頂部は目立ちやすいので、コンプレックスになってしまいますよね。

髪がだんだん細くなってきている…などの悩みは女性も男性にも多いと思います。昔から髪が細いのであれば問題ありませんが、細くなってきていれば薄毛につながってしまいます。  

そこでこの記事ではなぜ髪が細くなってしまうのか、また改善方法についてもまとめてみました。

1.髪が細くなる原因

1-1.ヘアサイクルの乱れ

髪が細くなるということはヘアサイクルが乱れてしまっている証拠です。ヘアサイクルは成長期(4~7年)、退行期(2~3週間)、休止期(2~3ヶ月)、そしてまた成長期、このように髪が生えてから抜けて、また生えてくるまでのサイクルのことを言います。

髪が太く育つのはこの中で成長期だけです。最初は産毛で細い髪から、成長期にある間に太く、長く成長していきます。髪が細くなっているのはこの成長期が短くなっていることが原因です。

髪は休止期に入り抜け落ちるまでの間に、次の新しい髪を生やすための準備をしています。成長期が極端に短くなってしまうと、髪が細くなるだけでなく次の髪を生やす準備が整っていないため、髪の量が減ってしまい薄毛につながってしまいます。

さらに抜け毛の特徴が細く、短ければAGAである可能性が高いです。AGAはセルフケアでは治らないので、病院にいかなければいけません。

1-2.ホルモンバランスの乱れ

これは女性に限ったことですが、加齢や自律神経の乱れによってホルモンバランスが乱れてしまうことが原因で髪が細くなります。これもヘアサイクルの乱れにつながってしまうからです。

女性ホルモンの一種である”エストロゲン”は髪を成長させるための命令を送っています。女性ホルモンが減ってしまうとエストロゲンが命令を出せなくなってしまい、髪が成長することができなくなってしまうのです。

全体的に髪が細く、頭皮が透けるようになっているとFAGAの可能性があります。FAGAは抜け毛が増える仕組みはAGAと一緒ですが、セルフケアでも十分良くなります。

【女性向け】FAGAは女性のAGA、自然に治せる!症状から改善方法までまとめ
女性でも薄毛に悩む方は多くいます。産後やけん引性といった脱毛症も女性特有の薄毛の原因のため、意外と女性は薄毛になりやすかったりもします。その...

1-3.髪の栄養不足

髪に必要な栄養素が運ばれていないと、当然髪は作られなくなり、髪が太く成長できなくなってしまいます。髪を作り出すための栄養素は

  • タンパク質
  • ビタミンB2、B6
  • 亜鉛

これらが最低限必要です。もちろんこれら以外にも髪を作りだすために多くの栄養素が働いています。

また髪は身体にとって必ずしも必要なものではありません。そのため身体のどこかに不調があれば、そちらに優先的に栄養が運ばれます。そうなってしまうと、髪に必要な栄養素が足りなくなってしまうのです。髪を栄養不足にさせないためには、まず身体を健康な状態で保っておかなければいけません。

1-4.血行不良

髪は頭皮を通る毛細血管の血液から栄養をうけとることで成長することができます。そのため血行不良であると、それだけ髪に栄養が運ばれなくなってしまい、髪が細くなってしまいます。

また血行不良は頭皮を硬くしてしまいます。肩こりと同じように血液が滞ってしまうと、頭皮のコリにもつながってしまうのです。硬い頭皮は血行が悪いだけでなく、髪の毛にとって太くなりにくい状態です。

1-5.頭皮トラブル

頭皮にかゆみやフケ、炎症の症状があればトラブルを起こしている証拠です。頭皮にトラブルがあれば、それだけ髪に栄養が運ばれづらくなります。髪の栄養不足につながってしまうのです。

髪は頭皮にある毛穴から生えているため、頭皮にトラブルがあれば毛根を傷つけてしまうこともあります。髪が細くなるだけでなく、抜け毛が増えてしまうこともあり、薄毛につながってしまうこともあります。

1-6.ヘアカラーやパーマのやりすぎ

ヘアカラーやパーマは髪のキューティクルを剥がすことで、色を入れたり、髪のクセを変えることができます。

キューティクルはそれぞれの髪の一番外側にあり、髪の中の水分を保ったり、紫外線やほこりなどの外からの刺激からも守ってくれます。

キューティクルを剥がしてしまうと髪の中のタンパク質が減ってしまい細い毛になってしまいます。さらに水分が抜けやすくなりパサパサとした髪になってしまうこともあります。

ヘアカラーやパーマはやらないに越したことはありません。どうしてもやりたいのであれば、頻度は少なくするようにしましょう。

スポンサーリンク

2.髪を太くする

髪を太くするためにはヘアサイクルを整えることが大切です。ヘアサイクルを整えるために原因をつぶしていき、さらにケアをしていくようにしましょう。

2-1.食生活の改善

まず髪に必要な栄養素をしっかりと摂ってあげましょう。もちろん髪のためだけではなく、身体のためにもバランスよく摂ることが大切です。

栄養不足を避けるためにインスタント食品やコンビニ弁当は食べないようにすることがおススメです。これらの食品はカロリーが高いわりに栄養が少ないのです。いちから調理されたものを食べるようにしましょう。

脂質や糖質の摂りすぎなど栄養の偏った食事を摂らないように、一日三食バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

2-2.規則正しい生活

髪は主に寝ている最中に分泌される”成長ホルモン”によって成長することができます。そのため、常に睡眠不足であると髪がうまく成長することができなくなってしまい、髪が細くなってしまいます。

また不規則な生活はエネルギー代謝を悪くしてしまい、効率よく栄養素を使うことができなくなってしまいます。そうなってしまうと、栄養を必要以上に使いすぎてしまい、髪の栄養不足につながってしまいます。

自律神経の乱れにもつながってしまうため、毎日起床、就寝、食事の時間はできる限り合わせるように、さらに睡眠不足にならないように気をつけましょう。

2-3.頭皮ケア

髪にしっかり栄養を届けるために、生えやすい環境を保ってあげましょう。

頭皮ケアのメインはやはりシャンプーです。シャンプーは必ず正しい方法でやるようにしましょう。間違ったやり方は頭皮トラブルの原因になってしまいます。自信がなければチェックしてみましょう。

【薄毛対策】間違ってないかチェックしよう。正しいシャンプーの手順、やり方
薄毛を防ぐためには頭皮の環境を整えることが大切です。そのために毎日のシャンプーは欠かせません。しかし間違ったやり方で続けてしまうと、髪の成長...

さらに頭皮の環境を良い状態で保つためにはやはりアミノ酸シャンプーです。市販されている高級アルコール系シャンプーは刺激、洗浄力が強く頭皮トラブルを起こしやすいのです。まだ使っていないのであれば、試してみてください。

もしいま頭皮にかゆみ、フケ、炎症の症状があるのであれば皮膚科にかかるようにしましょう。軽度であっても、頭皮の環境を良くしないことには髪は太くすることができません。薬を使って治すほうが、はるかに早く、薄毛防止にもつながります。

2-4.運動

血行促進のためにも運動を習慣づけることがおススメです。運動をすることで、ストレス解消にもつながります。ストレスは自律神経を乱し、血行不良につながってしまうため、適度に解消するようにしなければいけません。

髪にとって一番良いと言われている運動は“有酸素運動”です。軽い運動なので、特に習慣づけやすいかと思います。もちろん習慣づけられるのであればどういったものでも構いません。自分の続けやすい運動を選ぶようにしましょう。

【薄毛対策】有酸素運動が薄毛予防につながる!4つの理由と髪との関係
働いていると、なかなか運動の習慣はつけづらいですよね。ご存知の通り、運動することによって我々人間は健康的に過ごすことができます。体のみならず...

2-5.ホルモンバランスを整える

これは女性向けですが、髪が細くなる原因、FAGAを良くするために”プラセンタ”を摂ることがおススメです。

女性は30代に女性ホルモンの分泌がピークを迎え、分泌量が減ってしまいます。前述した通り、エストロゲンが減ってしまうとそれだけ髪が細くなりやすくなってしまいます。そこでプラセンタを摂ることで女性ホルモンの分泌を促すのです。

ホルモンバランスを整えるためには自律神経の乱れを減らすこと、普段の生活でも女性ホルモンを増やすようにしていかなければいけません。しかしなかなか簡単なことではありません。プラセンタは飲むだけでホルモンバランスを整えることができ、とてもお手軽なのです。

エテルノ 濃縮プラセンタ

【女性の薄毛対策】副作用なし!プラセンタを摂ることによって薄毛が改善される
女性の薄毛の原因の1つ、"ホルモンバランスの乱れ"。20代でも起こる可能性は十分にあり、30代になればもっと高くなります。ホルモンバランスを...

2-6.AGAは病院へ

AGAはセルフケアだけでは良くなりません。病院に行き、薬を服用し、さらにそこから育毛ケアをおこなわなければ、髪はどんどんほそくなり、抜け毛も増えていきます。

脅すわけではありませんが、病院にいかない限りは治らないと思ってください。

詳しくはこちらで → AGAの専門クリニック

3.薄毛が進行する前に

髪を太くするためには、頭皮の環境を整えること、髪に必要な栄養素をしっかり届けることが大切です。

そこで育毛ケアをおこなうことがおススメです。育毛ケアをすることによって、頭皮環境は良くなり、髪も成長しやすくなります。最低でもアミノ酸シャンプーだけは使っておきたいところです。

3-1.育毛シャンプー

育毛シャンプーとはアミノ酸シャンプーのことです。アミノ酸シャンプーは刺激が弱く、皮脂の取りすぎを防ぐことができます。さらに保湿の成分が入っているものもあるので、乾燥も防げ、頭皮環境も整います。

アミノ酸シャンプーでおススメはリマーユスカルプシャンプー です。リマーユスカルプシャンプーは馬油も含んでいて、保湿の効果もあります。乾燥も防ぐことができますのでケアとしては楽になります。頭皮を清潔に保ってくれるのでとてもおススメです。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→リマーユスカルプシャンプー

リマーユスカルプシャンプーが薄毛の悩みを解決!【レビューまとめ】育毛にはコレが効く理由
毎日の頭皮ケアといえばまず"シャンプー"。育毛にもっとも効果的なシャンプーはアミノ酸シャンプーと言われています。あなたも薄毛の悩みから早く解...

3-2.育毛剤

頭皮環境を整える成分。さらに髪を生やすために大事な成分も多く入っています。薄毛を改善するためには、育毛剤だけは最低限使っておきたいケア用品です。

育毛剤でおススメはイクオスです。イクオスは他の育毛剤に比べると安く手に入れることができます。さらにまとめ買い、定期購入であればサプリが無料でついてきます。

育毛効果も高く4人に3人以上の人が3か月以内に効果を感じ、リピート率も97.5%とかなり高く安心できる育毛剤です。天然成分でできていて刺激も弱くかなりおススメです。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→ イクオス

イクオスがおススメの理由ってなんだ!驚きの効果と口コミ、レビューまとめ
私が運営するこのサイト「発毛・育毛で人生を変える」では育毛剤はイクオスをおススメしています。この育毛剤こそが"人生を変える"近道になると考え...

3-3.育毛サプリ

頭皮の環境を良く保つためには、栄養バランスのとれた食事を摂るようにしなくてはいけません。いくら気を遣ってもなかなかうまくいかないこともあるので、そうならないためにサプリで補うようにしましょう。

おススメはBOSTONです。BOSTONは有名なサプリで育毛を促進する成分、頭皮環境を良くする成分を多く含んでいます。ここまで多くの成分が入っていれば、万が一食事バランスが崩れたとしても補うことができます。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→ BOSTON

【育毛サプリ】薄毛、AGAを改善したいならBOSTONにすべき!効果とレビューまとめ
薄毛をすぐに改善したいのであれば、育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリを組み合わせて使うことがおススメです。それぞれ違うメリットがあり、髪が生...

【まとめ】

髪が細くなる原因から、太くする方法までまとめてみました。

髪が細くなってしまうと、いずれ薄毛につながってしまいます。すぐにでもケア、改善していくようにしましょう。太くなるにはとても時間がかかります。ゆっくりと太くなっていくので、集中して毎日続けるようにしましょう。

ぜひ他の記事も参考に、ケアに役立てていってください!

【薄毛対策】髪に良いタンパク質を効率よく摂取するため大事な食品・食事まとめ
薄毛を防ぐためには、抜け毛を減らすことと新しい髪を生やすこと、いまある髪をしっかりと成長させなければいけません。 髪をしっかりと成長さ...
【薄毛の豆知識】毛根が死ぬことは滅多にない…死滅する原因はごくわずか
薄毛を気にしていると、毛根が死んだのではないかと気になったことのある方はいらっしゃると思います。毛根が死んでしまうと、もうその毛穴から髪が生...
【薄毛対策】アミノ酸シャンプーは薄毛対策にはもってこい!おススメの理由と特徴
他の記事で何回か登場しているアミノ酸シャンプー。シャンプーは大きく分けて3つに分かれてきますが、その中の一つであり、薄毛対策にはアミノ酸シャ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン
コメントの入力は終了しました。