【薄毛の原因】育毛トニックが抜け毛を増やすかもしれないってどういうことだ!?

Follow

あなたは育毛トニックを使っていますか?

安価なもので1000円程で手に入ってしまう育毛トニック。育毛剤は安くても6,000円程はしてしまうため、できる限り安く抑えるために抜け毛が気になりだしたら、検討するかと思います。

しかし育毛トニックが原因で抜け毛を増やしてしまっているかもしれません…。

そこでこの記事では育毛トニックによって抜け毛を増やすことにつながる、驚きの理由についてまとめてみました。

1.育毛トニックで髪が生えることはない!

まずそもそも育毛トニックとは”ヘアトニック”のことなのですが、効果は血行を促進し、抜け毛予防につなげるということです。また、ふけやかゆみを防ぐことも表記されています。

スーっとする爽快感は髪にとても効果がありそうですが、育毛には効果はありません。さらに「医薬部外品」であるということ。「医薬部外品」は人体に影響が少ないものです。育毛剤よりも確実に効果が少ないです。

全く効果がない、使う意味がないとは言えませんが、過度に期待するのは間違っています。どうしても生やしたい!という方は育毛トニックではなく、”育毛剤”を選ぶべきだということです。

1-1.血行促進効果があるのかも微妙……

ヘアトニックは50%から70%が水とアルコールでできています。その他が血行促進に効果のある成分です。ちなみに主に配合されている血行促進効果のある成分は

  • トウガラシエキス
  • メントール
  • ニコチン酸アミド

これらが血行を促進する成分で、他には”防臭作用”のある成分、”殺菌効果”のある成分が含まれています。

しかしアルコールは揮発性が高いので、アルコールが多く含まれていればそれだけ頭皮にとどまらずに飛んでしまいます。つまり成分も全部一緒に飛んでしまうという可能性はゼロではありません。

1-2.なぜスーっとする効果があるのか

頭皮にかけて頭がスーッとすると気持ちいいですし、血行が促進されている気になりますよね。ですが、スーッとする爽快感があるからといって血行を促進しているわけではありません。むしろなにも起こっていないことの方が大半です。

前述した通り、ヘアトニックのほとんどは水とアルコールでできています。アルコールに限ったことではありませんが、水分は蒸発するときに周りの空気を冷やす働きがあります。汗をかいて乾いていくときに涼しく感じるのはこの作用があるからなのです。

アルコールは揮発性が高いので、かけてからすぐに蒸発しようとします。頭皮にかけたアルコールが飛ぶときに周りの空気が冷えることで、スーッとした涼しさ、爽快感を感じるのです。

つまりスーッとする感覚そのものには血行を促進する作用ないのです。血行を促進する成分が一応は入っているため、全くないとは言い切れないのですが、血行促進効果はそこまで高くないものなのです。

スポンサーリンク

2.抜け毛を増やす原因になる理由

2-1.アルコールが頭皮の環境を悪くしてしまう

アルコールは水分、脂と混ざる作用もあるため頭皮の乾燥を招いてしまいます。アルコールによって頭皮の水分と一緒に蒸発してしまうのです。

また皮脂と混ざってしまうと、逆に皮脂をとりすぎてしまうこともあります。皮脂は頭皮の保湿、紫外線やほこりなどの外の刺激から守る働きがあります。そのため、皮脂が足りなくなってしまうと頭皮トラブルの原因になってしまうのです。

逆に皮脂が減ってしまったことによって、とり除かれた分の皮脂を補おうとしてしまい、皮脂の過剰分泌につながってしまうこともあります。皮脂の過剰分泌は細菌の繁殖をまねいてしまい、においの原因になるだけでなく、これもまた頭皮のトラブルを起こしてしまいやすく、最悪炎症を引き起こしてしまいます。

薄毛を改善するためには皮脂とうまく付き合っていくことは絶対です。皮脂を適度に残し、頭皮のトラブルを避けなければいけません。育毛トニックは頭皮トラブルの原因、薄毛をさらに進行させてしまう可能性もあるのです。

2-2.良い働きをする菌を殺してしまう

頭皮には常在菌という良い働きをする菌がいます。常在菌がいることによって皮脂の過剰分泌が抑えられ、細菌の繁殖を防いでくれています。頭皮の環境を整えておくためには必要な菌なのです。

アルコールはこの常在菌を殺してしまうことがあります。そうなってしまうと、細菌から頭皮を守れなくなってしまい、抜け毛を増やし、薄毛を進行させてしまいます。

また前述したように、皮脂のとりすぎによって皮脂の過剰分泌を招いてしまうと常在菌が異常をおこしてしまいます。皮脂が多ければ多いほど、それをエサにする細菌が繁殖してしまい、その菌を殺そうとする常在菌が働き過ぎてしまうのです。

常在菌が働き過ぎてしまうと、細菌を殺した後にも働き過ぎてしまい頭皮の炎症をまねいてしまいます。常在菌の異常によっての炎症はかなりひどく、かゆみだけでなく、傷としても残りやすく、病院にいかない限りは治すことができません。

3.なぜ育毛剤が高いのか

育毛トニックは1,000円程で購入することができます。それに対して育毛剤は安くても6,000円(1ヶ月)程。なぜこのような差が出るのかというと、当たり前ですがそれだけコストがかかっているということです。

何度も書きますが育毛トニックの半分以上が水とアルコールです。この2つはかなり安価に手に入れることができます。

それに対して育毛剤はものによっては水からもこだわります。私がおススメしているイクオスであればナノ水を使っていて、浸透力が圧倒的に違います。そのうえ育毛効果のある成分を豊富に使っているのであればコストがかかるのは当たり前です。

落胆させてしまうかもしれませんが、薄毛を改善するために、育毛ケアをおこなうためにはお金がかかります。定期購入などで節約することはできますが、月に1,000円~2,000円に抑えることは不可能です。なにがなんでもそれくらいに収めたいのであれば、いっそのこと何もやらないほうが良いかと思います。

中には毎月4万以上かけてクリニックに通っている人もいます。どうしても薄毛を改善したいのであれば、お金は節約しすぎずに髪に良いことはとことんひたむきに続けていかなければいけません。最低でも育毛剤、余裕があれば育毛シャンプー、育毛サプリは使うべきものです。

なぜあなたは薄毛を予防したいのか、改善したいのかを考えてみましょう。ただひとつだけ言えることは、ケアを始めるには早ければ早い方がいいということです。しっかり自分自身と向き合ってみましょう。そうすることで継続力にもつながり、髪が生える日も近づくはずです。

イクオスがおススメの理由ってなんだ!驚きの効果と口コミ、レビューまとめ
私が運営するこのサイト「発毛・育毛で人生を変える」では育毛剤はイクオスをおススメしています。この育毛剤こそが"人生を変える"近道になると考え...

【まとめ】

育毛トニックが抜け毛、薄毛を進行させてしまうかもしれない理由についてまとめてみました。

私自身育毛トニックはかなり疑心暗鬼です。水とアルコールだけで効果があるのか、エタノールは揮発性の高いものなのに成分が浸透するのか。余計な出費にしないためにも使わないことにしました。やはり育毛剤のほうが効果が高いでしょうし、なにより安心感が違います。

いま育毛トニックだけを使っているというかたは、この機会に育毛剤に変えてみることがおススメです。

ぜひ他の記事も参考に、ケアに役立てていってください!

リマーユスカルプシャンプーが薄毛の悩みを解決!【レビューまとめ】育毛にはコレが効く理由
毎日の頭皮ケアといえばまず"シャンプー"。育毛にもっとも効果的なシャンプーはアミノ酸シャンプーと言われています。あなたも薄毛の悩みから早く解...
【育毛サプリ】薄毛、AGAを改善したいならBOSTONにすべき!効果とレビューまとめ
薄毛をすぐに改善したいのであれば、育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリを組み合わせて使うことがおススメです。それぞれ違うメリットがあり、髪が生...
【薄毛の原因】朝シャンは髪に悪い!薄毛を招いてしまうかもしれない原因
朝シャンしてる方は意外と多いと思います。しかしこの朝シャン、薄毛を招いてしまうことがあるんです。朝はどうしても眠いので、眠気覚ましとして……...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です