【髪を生やす】育毛剤・発毛剤を効果的に使うための5つのポイント

Follow

育毛剤を使う上で気になったことはあるでしょうか?  

どういった手順が一番育毛剤をより効果的に使うことができるのか。  

やはり、毎日のケアでも髪が生えるまでには時間がかかりますし、お金もかかっていますので効果は最大限に引き出したいですよね。  

そこで、この記事ではまず、効果がない使い方から、一番効果的な育毛剤の使い方に関して5つのポイントにわけて解説していきます。  

1.効果がないNGな使い方

1-1.朝の育毛剤

※これに関しては個人的な考えです!!いろいろな説があるのですが、私は効果が薄いと思います……。

朝は、夜に皮脂が分泌されていて毛穴に汚れが少しついています。このような状態で頭皮に塗っても成分を吸収するとは思えません。

さらに、日中に外に出て汗や皮脂が分泌されてしまえば育毛成分は流れ落ちてしまうことになります。効率的に吸収できるとは到底思えません。

もちろん少しでも効果を高めたい、朝でもつけたいというのであれば、朝に使うことで頭皮に異常がでることはないと思うので問題ありません。

スポンサーリンク

1-2.お風呂上りすぐ育毛剤

お風呂上がりすぐの、髪を乾かす前に育毛剤を塗布してもほとんど効果がありません。

髪が濡れた状態で使っても、育毛成分が薄まってしまいます。

さらに、育毛剤は自然乾燥が基本ですので、濡れている状態から乾いていく間に細菌が繁殖してしまい薄毛を進行させてしまうこともあります。

1-3.発毛剤と育毛剤の併用

併用もおススメできません。

発毛剤(ミノキシジル配合のもの)と育毛剤は少なからず、頭皮に刺激があるものです。二倍刺激を与えてしまえば頭皮トラブルが起きてしまう原因にもなります。さらに違う成分でできていますので成分同士で反応してしまって予期せぬ事態につながってしまうこともあります。

どちらか一方に絞り、絶対に併用はやめましょう。

http://kamino-783.com/ikumou-zai/post-837/

1-4.つけすぎ

これも思わぬ事態につながってしまうこともあります。

前述した通り、育毛剤は頭皮に少なからず刺激を与えています。つけすぎることで刺激を与えすぎてしまうと頭皮になにが起こるかわかりません。

そして頭皮に異常がでないにしても、つければつけるほど効果がでるわけではありません。頭皮に吸収される前に蒸発してしまうこともあるでしょう。つまり無駄遣いにつながってしまうことになります。

続けていくにはどうしてもお金がかかってしまう育毛ケアですので、少しでも無駄に使わないように、お金を節約するために適量を守るようにしましょう。

2.最大限効果を出す方法

それでは効果的な使い方について解説していきます。

2-1.育毛シャンプーを使う

まずはシャンプーをするところからです。

必ず髪をしっかり濡らし、ある程度の汚れを落としてから育毛シャンプーを使いましょう。育毛シャンプーを使うことによって頭皮にも良く、相乗効果が出てきます。

シャンプーの時には必ず指の腹を使い頭皮を傷つけないようにしましょう。

リマーユスカルプシャンプーが薄毛の悩みを解決!【レビューまとめ】育毛にはコレが効く理由
毎日の頭皮ケアといえばまず"シャンプー"。育毛にもっとも効果的なシャンプーはアミノ酸シャンプーと言われています。あなたも薄毛の悩みから早く解...

2-2.頭皮のマッサージ

シャンプーの時にも頭皮のマッサージをしてあげましょう。   頭皮のマッサージをすることにより血流が良くなります。

頭皮のマッサージを3分程やったら泡をしっかり落としましょう。この時に流し忘れがあると、頭皮のトラブルにつながってしまうこともあります。1分以上は必ずお湯で流すようにしましょう。

2-3.お風呂にゆっくりつかる

シャンプーが終わったら、次はお風呂にゆっくりつかりましょう。

お風呂にゆっくりつかることにより、血行も良くなりますし、毛穴を広げることもできます。10分以上はつかるようにしましょう。

毛穴が広がれば、育毛成分は浸透しやすく、吸収しやすくなりますので効果が出やすくなります。

2-4.髪を軽く乾かす

お風呂からあがったら、髪の毛をタオルとドライヤーで乾かしていきましょう。

タオルドライの時には、髪をガシガシと拭かないこと。摩擦によって髪が傷みますし、引っ張ることによって毛根が傷んでしまいます。ゆっくりタオルに水を吸わせるイメージで拭いていきましょう。

ドライヤーは15センチ以上離し、小刻みに動かしながら使いましょう。髪に余計な熱を与えてしまうと、ダメージを与えてしまいます。

80~90%くらい乾いたら一度やめてください。完全に乾かしてしまうと育毛成分を伸ばしずらくなってしまい、吸収しづらくなってしまいます。

2-5.適量を塗っていく

最後に育毛剤です。

必ず適量を髪に塗っていきましょう。イクオスであれば、8~10回が2mlで一回分なので、6か所くらいに分けて、8~10回プッシュしていきます。

この時に髪ではなく、しっかり頭皮にいきわたるように、髪はかき上げて直接あたるようにしましょう。育毛剤は髪につけても効果はありません、あくまで頭皮に塗るもので、髪につけてしまうとそれだけ育毛剤の無駄になってしまいます。

塗り込んでいく最中にも、少しだけ頭皮のマッサージをやってあげるようにしましょう。

終わって、髪が濡れているのが気になる場合は冷風のドライヤーを使って乾かすようにしましょう。

【まとめ】

育毛剤を効果的に使う方法についてまとめました。

ポイントは髪の汚れを落とし、毛穴を開かせることです。また、NGな使い方で思い当たった方は育毛剤の節約のためにもすぐにやめるようにしましょう。

ぜひ他の記事も参考にして、効果的に育毛剤を使っていってください!

イクオスがおススメの理由ってなんだ!驚きの効果と口コミ、レビューまとめ
私が運営するこのサイト「発毛・育毛で人生を変える」では育毛剤はイクオスをおススメしています。この育毛剤こそが"人生を変える"近道になると考え...
【薄毛対策】ノコギリヤシはAGAの救世主!AGAの人以外はほとんど効果がない理由
薄毛対策として育毛剤を選ぶ際に目につく成分の一つ"ノコギリヤシ"。ヤシって聞いてもパッと効果は思いつきませんよね。きっと「ノコギリヤシ」が入...
【薄毛対策】育毛シャンプー・薬用シャンプーを使ったほうが良い理由…効果はあるのか??
薄毛対策としてまず真っ先に思いつくのは「育毛剤」。これだけでは心もとない…と思った時にふと思いつくのは「育毛シャンプー」ではないでしょうか。...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です