頭皮の炎症の原因はマラセチア菌の可能性がある!放っておくと薄毛につながってしまう

Follow

頭皮が炎症を起こしてしまうとと薄毛につながりやすくなってしまいます。放置しておくと抜け毛が増えてしまうのです。

頭皮の炎症は軽度、発症から間もなければ気づかないこともあります。自然に治ってしまうことももちろんありますが、”マラセチア菌”という菌が異常に繁殖してしまうとひどい炎症つながってしまうことがあるのです。

そこでこの記事ではマラセチア菌が繁殖してしまうと薄毛につながる原因から、改善方法までまとめてみました。

1.マラセチア菌はカビの一種

1-1.常在菌

マラセチア菌は真菌の一種でカビの仲間です。カビと聞いてしまうと人間には存在しないようなイメージを持ってしまいますが、マラセチア菌は常在菌という誰の皮膚にも存在する菌なのです。

確かに悪い働きをすることもある菌ですが、正常な量のマラセチア菌は人間には必要な菌なのです。マラセチア菌があることによって頭皮、皮膚は乾燥などのトラブルから守られています。

1-2.ニキビの原因になる

マラセチア菌はよくCMでも聞く”アクネ菌”と同様にニキビの原因にもなります。

どちらも異常に繁殖してしまうと皮膚の環境が悪くなってしまうことには変わりありません。この2つの菌は確かに症状は似ていますが、マラセチア菌が増殖してしまうことのほうが炎症はひどくなります。

しかしどちらの菌も正常に働いていれば、皮膚にも頭皮にも必要な菌のひとつなのです。

2.マラセチア菌の良い働き

マラセチア菌が薄毛につながってしまうことを知る前にまずは良い働きを知っておきましょう。

2-1.頭皮を守る

マラセチア菌は皮脂を吸収する働きがあります。そして脂肪酸という物質に変え、脂肪酸をエサにする菌が分解していきます。そうすることによって皮膚に脂肪酸が残ることが減り、頭皮の環境が整いやすく、乾燥やトラブルから守られます。

もしマラセチア菌がいなくなってしまうと皮脂がそのまま残り、頭皮に汚れがたまりやすくなってしまうのです。汚れがたまると悪い働きをする菌も寄ってきてしまうので、頭皮が炎症を起こしやすくなってしまいます。

2-2.新陳代謝を高める

マラセチア菌は皮脂以外にも古い角質を処理してくれます。頭皮も肌と同じで、毎日生まれ変わろうとしています。古い角質がうまく処理されないと、肌は生まれ変わることができません。

マラセチア菌が働いてくれることによって古い角質、細胞が生まれ変わりやすくなり、新陳代謝がうまくおこなわれるようになるのです。

3.異常繁殖する原因

何度も書きますがマラセチア菌は人間に、頭皮にも肌にも必要な菌です。しかし異常に繁殖してしまうトラブルを起こしてしまいます。

マラセチア菌が異常に繁殖してしまう原因は皮脂の過剰分泌です。頭皮の汚れや、頭皮の傷、自然乾燥も皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。

皮脂が過剰に分泌するとそれだけマラセチア菌が働かなければなりません。そして多くの皮脂を分解するためにマラセチア菌が増殖してしまうのです。生成される脂肪酸の量も多くなってしまい、雑菌が多く繁殖してしまうので頭皮の環境はどんどん悪くなっていってしまい、薄毛につながってしまいます。

マラセチア菌によって炎症が起きるかどうかは、その人の肌の耐性によって変わってきます。そのため人によってはマラセチア菌が増えてしまうと下記にあげるような症状がでることがあります。

スポンサーリンク

3-1.さらに皮脂を過剰分泌させる

マラセチア菌は皮脂を吸収し脂肪酸に変えますが、皮脂はマラセチア菌から頭皮を守るために多く分泌してしまうことがあります。

相乗効果でどんどんと増えてしまうためかなり髪がべたべたになります。皮脂が過剰分泌されればそれだけ悪い働きをする雑菌も増えてしまうので、薄毛につながる可能性はグンと高くなります。

3-2.フケの原因になる

フケは古くなった角質のことで、誰にでもあるものです。健康的な人であればフケはそこまで多くなく、普段の生活で気にならない量が自然と落ちていきます。

マラセチア菌によって皮脂が過剰分泌を起こしてしまうと、剥がれた角質が皮脂を吸ってしまい頭皮に長く残ります。これもまた雑菌が増える原因になってしまい、頭皮がトラブルを起こし皮膚が剥がれやすくなります。

このフケも髪と一緒でべたべたしています。さらに皮脂、フケが長く残ることで酸化してしまうと古くなった油のにおいを発しだします。

3-3.脂漏性皮膚炎

これが一番最悪です。マラセチア菌が頭皮に多くいることによって頭皮が負けてしまい、炎症を起こしてしまうことがあります。

この症状は強いかゆみをともなう湿疹、炎症によって皮膚が剥がれだし頭皮が赤くなっていきます。にきびのようなできものもできますし、とにかく頭皮環境としては最悪で抜け毛が多くなり、薄毛につながってしまいます。

病院にいけば治る病気なのですぐに病院にかかるようにしましょう。

4.異常繁殖の改善方法

マラセチア菌を異常繁殖させないためには皮脂の過剰分泌を改善することです。マラセチア菌と皮脂の量を正常な量に戻してあげなければいけません。

4-1.まずは病院へ

なにか頭皮に異常があり、マラセチア菌である可能性があるときはすぐに病院にいきましょう。マラセチア菌は真菌で、病院にいくことによって抗真菌薬をもらうことができます。

まずはこれ以上頭皮に異常を起こさせないために、マラセチア菌の量を減らすことも大切です。マラセチア菌によって炎症を起こすことはまれですが、それでも起こらないとは言い切れません。

頭皮に異常があれば病院に行くことは絶対です。

4-2.頭皮ケア

皮脂の過剰分泌を抑えるために頭皮ケアをおこないましょう。

4-2-1.シャンプーを変える

皮脂を取りすぎないようにシャンプーを変えることがおススメです。皮脂をとりすぎてしまうと、それを補おうとしてしまい余計に分泌されてしまいます。

いま使っているシャンプーは「高級アルコール系シャンプー」ではないでしょうか?これは刺激が強く、洗浄力も強いのが特徴です。そこで刺激の弱い「アミノ酸シャンプー」に変えることがおススメです。

アミノ酸シャンプーであれば皮脂をとりすぎることもなく、適度に頭皮をキレイにすることができます。また頭皮を乾燥から守ることもでき、トラブルを防ぐことができます。

4-2-2.正しいシャンプーのやり方

シャンプーは必ず正しい方法でおこないましょう。

シャンプーをするときに爪を立ててしまったり、洗い落としきれていなかったり、乾燥の方法を間違えていると頭皮のトラブルの原因になってしまいます。

頭皮にトラブルが起きてしまうと薄毛につながってしまうだけでなく、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。皮脂の分泌も多くなってしまうので一度見直してみましょう。

【薄毛対策】間違ってないかチェックしよう。正しいシャンプーの手順、やり方
薄毛を防ぐためには頭皮の環境を整えることが大切です。そのために毎日のシャンプーは欠かせません。しかし間違ったやり方で続けてしまうと、髪の成長...

4-2-3.朝シャンをやめる

朝シャンをやる方は多くいますが薄毛を招いてしまうことがあります。朝シャンは夜に分泌された皮脂を落としてしまうことで、日中に必要な分が足りなくなってしまいます。

皮脂は頭皮を守るために必要なもので、皮脂があることによって紫外線やほこりなどの外の刺激から守られています。そのため皮脂を朝に落としてしまうと日中に必要な分の皮脂を多く分泌してしまうのです。

5.普段の生活で改善

5-1.食生活の改善

皮脂を多く分泌させないためには脂質、糖質を抑えることも重要です。これらが身体で分解しきれなくなってしまうと、汗として一緒に分泌されてしまいます。血行不良にもなりやすくなってしまうので摂りすぎは禁物です。

脂質や糖質は身体に必要なものなので、一切摂らないようにするのではなくそれぞれをバランス良く摂ることが大切です。そしてビタミンB群は脂質、糖質、タンパク質を分解する作用があるため、ビタミンB群は意識的に摂ることがおススメです。

髪のためにもバランスのとれた食事を摂るようにしましょう。

5-2.規則正しい生活

皮脂は自律神経が乱れることによっても多く分泌されてしまいます。不規則な生活は自律神経を乱してしまい、皮脂の過剰分泌、ストレスを感じやすくなったり、血管の収縮が悪くなってしまい血行不良にもなってしまいます。

さらにエネルギー代謝も悪くなってしまうことがあります。エネルギー代謝が悪いと栄養が効率的に使えなくなってしまうため、脂質、糖質の分解ができなくなってしまいます。

できる限り起床、就寝、食事の時間は合わせて規則正しい生活を送るようにしましょう。

5-3.運動

運動をすることで汗と一緒に皮脂が体外に排出されやすくなり、過剰分泌を防ぐことができます。さらにストレス解消、血行促進にもつながるため習慣づけるようにしましょう。

薄毛にもっとも効果があると言われている運動は”有酸素運動”です。もちろんどういった運動でも汗をかくことができれば、皮脂の過剰分泌は防ぐことができるので構いませんが、まだ運動の習慣がないという方は有酸素運動に挑戦してみてください。

【薄毛対策】有酸素運動が薄毛予防につながる!4つの理由と髪との関係
働いていると、なかなか運動の習慣はつけづらいですよね。ご存知の通り、運動することによって我々人間は健康的に過ごすことができます。体のみならず...

6.頭皮ケアをしよう

皮脂の過剰分泌を防ぐためには、頭皮を正常な状態で保つことが大切です。そこで育毛ケア用品を使うことがおススメです。髪に必要な栄養素が含まれていて、さらに頭皮を整える成分も入っています。

6-1.育毛シャンプー

育毛シャンプーとはアミノ酸シャンプーのことです。アミノ酸シャンプーは刺激が弱く、皮脂の取りすぎを防ぐことができます。さらに保湿の成分が入っているものもあるので、乾燥も防げ、頭皮環境も整います。

アミノ酸シャンプーでおススメはリマーユスカルプシャンプー です。リマーユスカルプシャンプーは馬油も含んでいて、保湿の効果もあります。乾燥も防ぐことができますのでケアとしては楽になります。頭皮を清潔に保ってくれるのでとてもおススメです。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→リマーユスカルプシャンプー

リマーユスカルプシャンプーが薄毛の悩みを解決!【レビューまとめ】育毛にはコレが効く理由
毎日の頭皮ケアといえばまず"シャンプー"。育毛にもっとも効果的なシャンプーはアミノ酸シャンプーと言われています。あなたも薄毛の悩みから早く解...

6-2.育毛剤

頭皮環境を整える成分。さらに髪を生やすために大事な成分も多く入っています。薄毛を改善するためには、育毛剤だけは最低限使っておきたいケア用品です。

育毛剤でおススメはイクオスです。イクオスは他の育毛剤に比べると安く手に入れることができます。さらにまとめ買い、定期購入であればサプリが無料でついてきます。

育毛効果も高く4人に3人以上の人が3か月以内に効果を感じ、リピート率も97.5%とかなり高く安心できる育毛剤です。天然成分でできていて刺激も弱くかなりおススメです。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→ イクオス

イクオスがおススメの理由ってなんだ!驚きの効果と口コミ、レビューまとめ
私が運営するこのサイト「発毛・育毛で人生を変える」では育毛剤はイクオスをおススメしています。この育毛剤こそが"人生を変える"近道になると考え...

6-3.育毛サプリ

頭皮の環境を良く保つためには、栄養バランスのとれた食事を摂るようにしなくてはいけません。いくら気を遣ってもなかなかうまくいかないこともあるので、そうならないためにサプリで補うようにしましょう。

おススメはBOSTONです。BOSTONは有名なサプリで育毛を促進する成分、頭皮環境を良くする成分を多く含んでいます。ここまで多くの成分が入っていれば、万が一食事バランスが崩れたとしても補うことができます。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→ BOSTON

【育毛サプリ】薄毛、AGAを改善したいならBOSTONにすべき!効果とレビューまとめ
薄毛をすぐに改善したいのであれば、育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリを組み合わせて使うことがおススメです。それぞれ違うメリットがあり、髪が生...

【まとめ】

マラセチア菌の異常を起こしてしまう原因、改善方法についてもまとめてみました。

何度も書きますが、異常があればまずは病院にいきましょう。治りの早さが全然違います。治るのが遅ければ遅いほど薄毛は進行しやすくなってしまいます。進行すればするだけ髪も生えにくくなってしまいます。そのうえでケアをしていくようにしましょう。

ぜひ他の記事も参考に、ケアに役立てていってください!

【薄毛対策】育毛シャンプー・薬用シャンプーを使ったほうが良い理由…効果はあるのか??
薄毛対策としてまず真っ先に思いつくのは「育毛剤」。これだけでは心もとない…と思った時にふと思いつくのは「育毛シャンプー」ではないでしょうか。...
【カチカチ頭皮は薄毛の原因】頭皮が固くなる仕組みと3つの改善方法
頭皮がカチカチという方は薄毛になる可能性が非常に高いです。また、現在薄毛の方で頭皮がカチカチに固いという方は柔らかくすることによって薄毛予防...
【薄毛の原因】頭皮が乾燥は薄毛を進行させる…乾燥につながる5つの原因と改善方法
タイトルの通り頭皮の乾燥は薄毛を進行させてしまいます。 頭皮の乾燥はかゆみやフケの原因にもなってしまいます。かゆみは日常生活にも支障を...
【薄毛対策】アミノ酸シャンプーは薄毛対策にはもってこい!おススメの理由と特徴
他の記事で何回か登場しているアミノ酸シャンプー。シャンプーは大きく分けて3つに分かれてきますが、その中の一つであり、薄毛対策にはアミノ酸シャ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です