【薄毛の原因】やっぱり体に悪かった…たばこが薄毛につながる?

Follow

近年、税金の値上がりもあり禁煙をしようとする人が増てきていますが、依然として薄毛の愛煙家の方々はいます。  

たばこは身体に悪いと言われても依存性のあるものですからなかなかやめるのはつらいですよね。  

さて、たばこを吸うことによって髪にはどんな影響があるのでしょうか。まとめてみました。  

1.タバコが身体にもたらす悪影響

まずはタバコを吸うことによって体内ではどういったことが起こって、どう髪に悪い影響を与えるのかについて解説していきます。

1-1.ニコチンによって血流がわるくなる

たばこを吸うことで体内にはニコチンが吸収されます。ニコチンを吸収することによって血中に取り込まれると、血管が収縮してしまい、血流が悪くなります。  

髪は血液から成長するために必要な栄養素を受け取っているため、血行が悪くなると受け取ることができなくなってしまいます。そうなると薄毛を進行させてしまいます。

また代謝も悪くなってしまい、不必要な栄養素を体内にとどめておいてしまい身体にとって良いことはありません。

スポンサーリンク

1-2.一酸化炭素で栄養が運ばれにくくなる

煙に含まれている、一酸化炭素はヘモグロビンに結びつく性質があります。

ヘモグロビンは全身に酸素をいきわたらせる性質を持っていますので、一酸化炭素と結びついてしまうと本来の働きができなくなってしまいます。その結果ヘモグロビンがまた生成されてしまい、血液の中でヘモグロビンが増えすぎてしまいます。

ヘモグロビンは血液をドロドロにしてしまうため、増えすぎてしまうと血流が悪くなってしまいます。

生きていくために絶対に必要とはいえない、髪の優先順位では栄養素を運搬するのを後回しにされてしまうため、身体に不調が出ていなくても髪にはゆっくりと影響が出ていきます。  

1-3.ビタミンCが奪われる

タバコを吸うことによってビタミンCが特に減ります。

ビタミンCは肌の調子を整えることに働いていますので、少なくなってしまうと頭皮にも悪い影響がでてしまいます。頭皮になにかしらのトラブルがあると髪は栄養をうまく受け取れなくなってしまい薄毛につながります。

タバコはビタミンCだけでなく、ビタミンBやビタミンEも減ってしまいます。これらは身体の機能を調節するには必要不可欠な栄養素のため、減ってしまうとやはり髪にも巡り巡って影響が出てしまいます。

1-4.男性ホルモンが増える

タバコを吸うことによって男性ホルモンが増えることもわかっています。

AGAの人には特に問題です。男性ホルモンが増えてしまうと、AGAの原因である「ジヒドロテストステロン」も増やしてしまい、さらに抜け毛が増え、薄毛が進行してしまいます。

タバコを吸う人は吸わない人にくらべ約13%「ジヒドロテストステロン」を増やしてしまいます。

2.禁煙で得られる効果

禁煙をすることによって、徐々に身体は元に戻っていきます。時間はかかりますが、薄毛を良くしたいのであればやめるようにしましょう。

2-1.血行が元に戻る

当然ですがタバコをやめることによって血流が元に戻ります。

血流が良くなれば、髪は栄養素を受け取りやすくなり成長しやすくなります。そうなれば太く、長くしっかりと伸びることができます。

2-2.頭皮の状態が良くなる

頭皮のトラブルも減ります。

ちゃんと食事を摂っていることが前提ですが、ビタミン類が減らなければ頭皮、肌の状態も良くなっていきます。頭皮の環境がよくなれば髪にも栄養が運ばれやすくなりますし、毛穴にしっかりと生えることができます。抜け毛は減り、太く成長しやすくなります。

2-3.AGAは抜け毛が減る

AGAの場合はもちろん禁煙だけで治すことはできませんが、抜け毛を減らすことはできます。

前述した通り、タバコを吸うと約13%の「ジヒドロテストステロン」が多く生産されてしまいます。禁煙をすればいまよりは87%の量に減るわけですから、当然抜け毛は減ります。

そのうえでプロペシアやミノキシジルをつかい育毛剤を使うことでいままでよりも効果は出やすくなります。

AGAは男性の脱毛症は病院にいけば治る!まずは抜け毛が増える仕組みを知ろう
AGAはCMの影響もありかなりの人が知っている症状になりました。AGAになってしまうと髪が抜け毛が増え、新しい髪が生えてこないという最悪の状...

3.禁煙したい人は要注意

これを見て禁煙をしようと思ったかたはいると思いますが、禁煙を始めるとどうしても吸えないストレスを感じてしまいます。  

ストレスは髪の成長には天敵ですので、ストレスを感じない程度にゆっくりと禁煙するということが大事です。  

禁煙外来にかかるのもいいと思います。とにかく、ストレスはためないように禁煙を進めていきましょう

3-1.どれくらいで元に戻るのか

上記のようか改善効果を得るまでは、個人差がありますが恐らく1ヶ月程です。

効果が出るまでにそこまで時間のかかるものでもないので、ゆっくりと禁煙していくようにしましょう。

【まとめ】

タバコが薄毛の原因になってしまうことについてまとめました。

やはりタバコは百害あって一利なしという言葉通り身体にも髪にもいいものではありません。

また禁煙をするだけではなく、さらに育毛ケアをおこなっていかなければ薄毛は改善されません。ぜひ他の記事も参考に、育毛ケアに役立てていってください!

AGAの専門クリニック

血行不良を改善することがフサフサへの近道!血行不良が薄毛につながる仕組みと改善方法まとめ
血行不良は薄毛を招く原因としてかなり有名です。ストレス、栄養バランスの乱れ、不規則な生活などから血行不良は起こります。このようにさまざまな原...
【薄毛対策】プラシーボ効果もある!思い込みだけで髪は生えてくることがある
薄毛の悩みはなかなか消えないですよね…。毎日毎日これは効いてるのかどうかと鏡とにらめっこなんてよくある話かと思います。どうしても効果には時間...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン
コメントの入力は終了しました。