【薄毛の原因】抜かないで!白髪は抜くと薄毛につながる可能性がある!

Follow

ある日突然生えてくる白髪…急に生えてくるとびっくりしてしまいますよね。そしてやってしまいがちなのが抜く行為。しかしこの抜く行為は薄毛につながる危険があります。 

まず、白髪が生えてしまう仕組みから、白髪を抜くことがどのように薄毛につながってくるのかについてまとめました。

1.白髪が生える理由はほとんど髪の栄養不足

まずは白髪が生える仕組みからです。実は白髪が生えてくる原因については諸説あり、いまだに解明されていません。

本来髪の毛は白の状態で生え始めます。つまり、育っていく過程で徐々にメラニンによって黒くなっていきます。この時に黒に育たなかったものが白髪になるわけですが、白髪になってしまう原因は様々な要因があると言われています。

一番有力な原因は栄養不足です。髪に必要ななにかの栄養が不足してしまった結果、黒くするメラニンがうまく働かず白髪になってしまいます。その栄養素はストレスによって減ってしまうこともあるものではないかということも説としてあがっています

白髪を減らすためには、まず食生活、生活習慣を改善することです。さらにストレス解消も重要になってきます。

スポンサーリンク

2.白髪を抜くと薄毛になる理由

白髪を抜くとどう薄毛につながるのか、3つに分けて解説していきます。ただし、これらは白髪に限ったことではなく、黒い髪を抜いた時にも言えることです。

2-1.毛根に負担がかかる

髪を抜くことによって、毛根に負担がかかってしまいます。

髪の毛はもともと毛根に一番負担がかからない方向に垂れています。毛根は普段閉じていますが、引っ張ることによって一瞬開き傷つけてしまうことになります。1つの毛根から何本か髪の毛は生えていますので、他の髪にも影響してしまい抜け毛が増えてしまうことがあります。

白髪を見つけても抜かずに、どうしても気になるようなら切るか部分染で対応しましょう。

2-2.頭皮が荒れてしまうことがある

髪を抜くことによって、毛根が傷ついてしまいます。

毛根が傷つくと、そこに雑菌が入ってしまうこともあります。そうなると頭皮が荒れることにつながってしまい、毛につながってしまいます。

2-3.ヘアサイクルを乱してしまう

髪を抜くことによってヘアサイクルが乱れることがあります。

髪は生え始めて、成長し、寿命として抜け落ちるまでに5年ほどかけますが、抜いてしまうとこのサイクルが乱れてしまいます。髪は抜け落ちる前にすでに次の髪の準備が整っているのですが、まだ準備が整っていない状況で抜いてしまうと髪が生えてくるまでに時間がかかってしまいます。

全体の量としては減ることに変わりないので、薄毛につながってしまう可能性は十分にあります。

【まとめ】白髪は抜くな

髪を抜く行為は薄毛につながってしまうということについてまとめてみました。

白髪を見つけても落ち着いて、そのままにする。もしくは切る、部分染めなどをするようにして、絶対に抜かないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です