貧血で薄毛になる原因と改善方法まとめ!こんな症状は薄毛のサイン…

Follow

薄毛に悩んでいるとそれ自体がストレスになってしまって、さらに薄毛を進行させてしまうこともあります。原因を探そうと思っても、なかなかこれといった原因が見つからないということもありますよね。

記事のタイトル通り、薄毛になってしまう原因のひとつに”貧血”というものもあります。貧血は特に女性に5人に1人が悩んでいます。それほど多くの人がなりやすいので、まさかこれが薄毛につながるとは考えられないですよね。

そこでこの記事では、なぜ貧血が原因で薄毛になってしまうのか、さらに改善方法についてもまとめてみました。

1.貧血が薄毛につながる理由

1-1.赤血球が減る

貧血になってしまうと、そもそもの血の量が少なくなってしまうため、赤血球が減ってしまいます。赤血球はヘモグロビンとも呼ばれていて、主に酸素を運ぶ働きをしています。

髪は頭皮を通る血液から、栄養をうけとることで成長することができます。赤血球が減ってしまうと、それだけ血液の循環が減ってしまうため、髪に十分な栄養が運ばれなくなってしまい、健康的に成長することができなくなってしまうのです。

残念ながら髪は身体にとって必ずしも必要なものではないため、栄養が運ばれるのが後回しになります。髪がなくなっても、死ぬことはないからです。そのため、少ない栄養でも身体に影響がでないように、生命維持をするために、栄養を運ぶことにも優先順位がついてしまうのです。

1-2.貧血の症状

貧血になっている人には、以下のような症状がでます。

  • めまい
  • たちくらみ
  • 肩こり
  • 朝起きられない
  • 疲れやすい
  • 冷えやすい

このような症状が毎日あり、さらに髪が薄くなってきているのであれば、貧血が原因で薄毛になっているかもしれません。

2.貧血が髪に与える影響

2-1.髪が細くなる、ハリがなくなる

前述した通り、貧血になってしまうと、髪に栄養が運ばれにくくなってしまい、髪の栄養不足になってしまいます。

髪はそれぞれヘアサイクルと呼ばれる、成長期(4~7年)、退行期(2~3週間)、休止期(2~3ヶ月)のサイクルを繰り返しています。この中で髪が太く、長く育つのは成長期のみです。つまりこの時期にある髪の毛にしっかり栄養を運ばなければいけません。

貧血になってしまうと、成長期の髪に栄養が運ばれなくなり、髪がしっかり成長することができなくなってしまい、太く育つことができなくなってしまいます。そのため、髪が細くなっていき、全体のボリュームが減り、つむじなどの元々薄い部分から頭皮が透け始めたりします。

髪は1ヶ月に1センチ程しか伸びないので、髪が細くなっているということは短くても1年は貧血の症状が続いているかと思います。もっと長い方ももちろんいると思います。

1年程であれば、半年程で良くなることもありますが、それ以上貧血の症状があれば、抜け毛が増えていることもあります。

長く続けば続くほど、髪の元である毛乳頭も弱ってしまうからです。毛乳頭が弱ってしまうと、頭皮に生え続ける力も弱ってしまうため、ちょっと引っ張っただけでも抜けてしまったりします。

当然抜け毛が増えれば、髪の全体量が減ってしまうため、頭皮が透けてきたりといった薄毛につながります。さらに髪も細くなってしまっているので、髪の表面積が減ってしまうので、ボリュームが減ってしまいます。

2-2.白髪の原因にもなる

貧血を引き起こす原因はほぼ確実に”栄養不足”です。女性の場合は生理などで男性よりも血が少なる機会が多いですが、そうであったとしても貧血になる人は少数です。

そのため身体に必要な栄養素も少ない、足りていないことがあります。栄養不足は髪に必要な栄養素の量が足りなくなってしまっています。

髪は生えたて、毛乳頭付近の髪は白で、そこからメラニンを生成し、黒に色をつけていきます。栄養不足になってしまうと、このメラニンがうまく生成されなくなってしまうため白髪の原因にもなってしまうのです。

スポンサーリンク

3.貧血の原因

3-1.鉄分不足

貧血の原因はほとんどが鉄分不足によるものです。

女性に特に多いのはダイエットによる鉄分不足です。ダイエットのために食事制限をしてしまい、貧血になってしまうのです。薄毛が心配なのであれば、ダイエットはやめておきましょう。どうしてもやるのであれば、食事制限はしないようにしましょう。

またダイエットをしていないのであれば、鉄分不足になるような食事を摂っているはずです。コンビニ弁当やインスタント食品を多く摂っていたり、なにか思い当たることがあるのであれば改善するようにしましょう。

3-2.腎性貧血

もし食事をしっかりとっていて、バランスもとれたものを摂っている、もしくは鉄分不足を補うためにサプリなどを摂っているにも関わらず、貧血の症状がなくならないのであれば腎性貧血の可能性があります。

腎性貧血は鉄分不足が原因ではなく、赤血球を作る命令を送る”エリスロポエチン”というホルモンの働きが低下しているために起こります。エリスロポエチンが弱ると、赤血球が十分に作られなくなってしまうのです。

こればかりはセルフケアでは良くなりません。放置していると、最悪人工透析をしなければいけなくなってしまうこともあります。なにをやっても貧血の症状が消えないようであれば、病院にかかるようにしましょう。

4.貧血の改善方法

4-1.食事

腎性貧血以外、つまりほとんどの人は鉄分不足による貧血なので鉄分を意識的に摂るようにしましょう。鉄分を多く含んでいる食材は

  • レバー
  • ほうれん草
  • 卵黄
  • 小松菜
  • ゴマ
  • アサリ

レバー、ほうれん草は誰もが知っているかと思いますが、卵黄にも多くの鉄分が含まれています。

たまごは完全食ともいわれるくらい、栄養が豊富な食品です。必須アミノ酸も多く含んでいて、タンパク質、ビタミンなど髪に必要な栄養素がそろっています。

たまごは1日に1個と聞いたことがあると思いますが、1日に2個でもコレステロール値があがることはありません。髪のためにも、貧血を防止するためにも1日2個摂るようにすることがおススメです。

4-1-1.鉄分の吸収をあげる

鉄分を意識的に摂ることはもちろんですが、できるなら効率よく吸収させたいですよね。そのために”ビタミンC”と”クエン酸”も摂ってあげるようにしましょう。ビタミンC、クエン酸を多く含む食品は

  • レモン
  • グレープフルーツ
  • みかん
  • バナナ
  • 梅干し

主に果物です。少し酸味のあるものを摂ってあげるようにしましょう。梅干しは1日に3個摂ってあげるだけなので、嫌いでなければ手軽で簡単に続けることができます。

酢は食事で摂っても良いのですが、せっかくなので黒酢を飲むようにしましょう。黒酢は抗酸化作用が強く、老化防止につながります。肌、頭皮の老化を抑えられ、さらに髪に必要な栄養も豊富に含まれています。

黒酢が薄毛を改善する!黒酢に含まれる成分が髪にどう影響するのか【まとめ】
薄毛の進行を止める、改善するためには食生活の改善が大切ですが、まず毎日続けられるもののひとつとして”飲み物”を始めてみてはいかがでしょうか?...

そして鉄分の吸収を阻害するものはできるだけ摂らないようにしましょう。具体的にはコーヒーやお茶などに含まれる”タンニン”です。貧血が治るまでの間は飲み物にも気を遣い、避けるようにしましょう。

4-2.規則正しい生活

不規則な生活は自律神経を乱してしまい、血管の収縮がうまくいかなくなってしまいます。そうなってしまうと、血行不良になってしまい薄毛につながってしまいます。

さらにエネルギー代謝が悪くなってしまいます。エネルギー代謝とは身体に取り入れた栄養素をいかに効率よく使うことができるかに関ってきます。

そのため、エネルギー代謝が悪くなってしまうと、効率よく栄養素を使うことができなくなってしまうため、栄養素使いすぎてしまうことがあります。つまり鉄分を無駄に消費してしまうことがあり、赤血球の量が減ってしまうことがあるのです。

エネルギー代謝を良くして、貧血を改善するためにまずは起床、就寝の時間を合わせるようにしましょう。そして、慣れてきたら食事の時間、運動をするのであれば運動の時間を合わせるようにしましょう。

貧血を改善するためには時間がかかってしまいますが、治ったあとにも貧血にならないように、できる限り続けるようにしましょう。

5.育毛ケア

すでに髪が細くなっていて、薄毛が進行しているのであれば、貧血を治しながら育毛ケアもやるようにしましょう。

薄毛は進行すればするだけ、改善までの時間がかかってしまいます。貧血が治っていく間にも薄毛は進行していってしまうため、貧血が治る期間にプラスして薄毛が治る期間もプラスされるため長ければ2年以上はかかるかと思います。

育毛ケアで髪に必要な栄養を与え、成長を促してあげていれば、髪は貧血による薄毛の進行を抑えることができます。なにもしなければ薄毛が進み、ストレスになり、さらに薄毛を進行させてしまうことだってあります。

少しでも悩みのタネを減らすために、少しでも早く周りの目を気にしなくてもいいようになるために、ケアをしていくようにしましょう。

6-1.育毛シャンプー

育毛シャンプーとはアミノ酸シャンプーのことです。アミノ酸シャンプーは育毛に効果のある成分を含み、さらに頭皮の環境を整えてくれます。頭皮の環境を整えれば、髪が成長しやすくなり、さらに育毛剤の効果を高めてくれます。

アミノ酸シャンプーでおススメはリマーユスカルプシャンプー です。リマーユスカルプシャンプーは馬油も含んでいて、保湿の効果もあります。乾燥も防ぐことができますのでケアとしては楽になります。頭皮を清潔に保ってくれるのでとてもおススメです。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→リマーユスカルプシャンプー

リマーユスカルプシャンプーが薄毛の悩みを解決!【レビューまとめ】育毛にはコレが効く理由
毎日の頭皮ケアといえばまず"シャンプー"。育毛にもっとも効果的なシャンプーはアミノ酸シャンプーと言われています。あなたも薄毛の悩みから早く解...

6-2.育毛剤

頭皮環境を整える成分。さらに髪を生やすために大事な成分も多く入っています。薄毛を改善するためには、育毛剤だけは最低限使っておきたいケア用品です。

育毛剤でおススメはイクオスです。イクオスは他の育毛剤に比べると安く手に入れることができます。さらにまとめ買い、定期購入であればサプリが無料でついてきます。

育毛効果も高く4人に3人以上の人が3か月以内に効果を感じ、リピート率も97.5%とかなり高く安心できる育毛剤です。

天然成分でできていて刺激も弱くかなりおススメです。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→ イクオス

イクオスがおススメの理由ってなんだ!驚きの効果と口コミ、レビューまとめ
私が運営するこのサイト「発毛・育毛で人生を変える」では育毛剤はイクオスをおススメしています。この育毛剤こそが"人生を変える"近道になると考え...

6-3.育毛サプリ

貧血の方には特にこれがおススメです。毎日飲むだけで、鉄分を摂取することができ、さらに髪の成長に必要な栄養素を内側から摂ることができます。

おススメはBOSTONです。BOSTONは有名なサプリで育毛を促進する成分、頭皮環境を良くする成分を多く含んでいます。ここまで多くの成分が入っていれば、万が一食事バランスが崩れたとしても補うことができるはずです。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→ BOSTON

【育毛サプリ】薄毛、AGAを改善したいならBOSTONにすべき!効果とレビューまとめ
薄毛をすぐに改善したいのであれば、育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリを組み合わせて使うことがおススメです。それぞれ違うメリットがあり、髪が生...

【まとめ】

貧血が薄毛につながってしまう理由から、改善方法までまとめてみました。

貧血は髪だけでなく、身体にとっても悪い影響がでてしまいます。そして髪のためには、まず身体の健康が第一です。食事で鉄分を意識的に摂取し、生活習慣で鉄分をうまく使えるように、しっかりと見直していくようにしましょう。

ぜひ他の記事も参考に、ケアに役立てていってください!

【女性向け】つむじハゲはホルモンバランスの乱れなのか!?改善方法を考える!
女性に多い悩み”つむじハゲ”。自分では合わせ鏡をしてやっと見えるような部分なので、一度気になってしまうとストレスにもなってしまいますよね。つ...
【髪のケア】ダメージが溜まっている証拠?!髪の毛がパサパサな原因と改善方法まとめ
髪がパサパサだと広がりやすくなってしまいますし、切れ毛枝毛の原因にもなってしまいます。オシャレもどんどんと進んでいて、髪が傷む機会はかなり多...
【カチカチ頭皮は薄毛の原因】頭皮が固くなる仕組みと3つの改善方法
頭皮がカチカチという方は薄毛になる可能性が非常に高いです。また、現在薄毛の方で頭皮がカチカチに固いという方は柔らかくすることによって薄毛予防...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です