“毛深い人”は薄毛になりやすいわけではない!薄毛になる原因は他にある

Follow

毛深いという人で薄毛である人は、どうしてもその男性ホルモンの活発さから薄毛になりやすぃのではないかと考えてしまいますよね。体質による薄毛はどうしようもないのではないか……と感じてしまうのは当然です。

確かに男性ホルモンが活発である人は、毛深くなるので、ひげやすね毛などのムダ毛が多くなります。そしてそういった人が薄毛であることも、もちろんあります。ですが、男性ホルモンが活発さが、直接薄毛の原因になるわけではありません。

そこでこの記事では毛深い人が薄毛になりやすいというわけではないということの理由についてまとめてみました。

1.毛深さは関係ない

1-1.男性ホルモンとは

まず男性ホルモンは毛深さに関係してきますが、すべての毛を濃く生やす要因にはなりません。男性ホルモンによって濃くなる毛は

  • ひげ
  • 腹、ギャランドゥ
  • 背中
  • すね、もも

これらは性毛と言われていて、男性ホルモンの活発の度合いによって濃さが変わっていきます。逆に、男性ホルモンが少ないとこの部分は薄く生えるようになるのです。ですが、これらが薄くても濃くなる部分もあります。

  • 陰毛
  • わき毛

このふたつは両性毛と呼ばれ、男性ホルモンにも影響されることもあるけども、生態的に生える部分があります。これらの濃さは必ずしも男性ホルモンによって決まるものではありません。さらに、ほとんど影響を受けないものもあります。それが

  • まゆ毛
  • まつ毛

この毛の濃さは生まれて、しっかり生えたときからほとんど変わりません。そして、ホルモンの分泌量や活発度によって影響を受けにくいものです。

女性はまつ毛を長くしたい人が多くいますが、いくら頑張っても長くならない、濃くならないのはホルモンによって影響されにくい部分であるから、思春期などの大人になる成長によって伸び始めるものではないからです。

この中に髪も含まれます。つまり髪も男性ホルモンの量などによって伸びるものではないのです。髪の量は子どもの頃から増えることはありません。ですが、減ることはあるのです。これは薄毛になる原因は全く別のところにあるということなのです。

1-2.AGAは少しだけ関係する

AGAは男性ホルモンの量に少しだけ関係してきます。そもそもAGAは薄毛の中でも唯一名前のある症状なので、そこには薄毛になるメカニズムがあります。ですが、メカニズムがあるということは症状を抑えることができるものなのです。

AGAは男性ホルモンである”テストステロン”と”5α-リダクターゼ”が結合することによって、”ジヒドロテストステロン”という抜け毛を促すホルモンに変わってしまうことによって、薄毛につながります。

AGAの症状を防ぐには5α-リダクターゼの生成を抑え、テストステロンと結合させる機会をなくすことがメインです。ですが、もうひとつ方法があります。それは”タンパク質と結合したテストステロンを増やす”ことです。

5α-リダクターゼはタンパク質と結合していないテストステロンと結合し、ジヒドロテストステロンを生成するため、タンパク質と結合しているテストステロンを増やすことはジヒドロテストステロンの生成を防ぐことにつながるのです。

男性ホルモンが多ければ多いほど、タンパク質と結合していないテストステロンの絶対量が増えてしまうため、AGAで男性ホルモンの量が多い、活動が活発であると薄毛になるスピードは早くなってしまと考えられるのです。

しかし、これはあくまでもAGAである人の症状の傾向であって、AGAでない人には全く関係がありません。もしAGAかどうかを確認していないのであれば、AGAの専門クリニックに行って確認することをおススメします。

そしてAGAの症状があり、男性ホルモンが活発であってもAGAの症状は抑えることができます。薄毛を改善したいのであれば、しっかりと治療していくようにしましょう。

詳しくはこちらで → AGAの専門クリニック

AGAは男性の脱毛症は病院にいけば治る!まずは抜け毛が増える仕組みを知ろう
AGAはCMの影響もありかなりの人が知っている症状になりました。AGAになってしまうと髪が抜け毛が増え、新しい髪が生えてこないという最悪の状...

2.女性は注意

2-1.毛深くなる理由が男性と違う

女性ももちろんムダ毛と呼ばれるものが生えてきます。全く生えない人のほうがまれなので、生えることに関しては、どうしようもありませんし、当たり前のことです。ですが、ある日から急に濃くなり始めたら要注意です。

女性は男性に比べて、男性ホルモンは20分の1しか分泌されていません。そのため、毛はあまり濃くならないのですが、濃くなり始めたということは、男性ホルモンの量が増えているということにつながります。

女性は特にホルモンバランスが大切で、常に量を一定に保っておくことが理想です。しかし、男性ホルモンが増えているということは、女性ホルモンの量が減ってしまっているということなので、ホルモンバランスが乱れていることにつながるのです。

ホルモンバランスが乱れてしまうと、髪の成長を促す”エストロゲン”が減ってしまうので、薄毛につながりやすくなってしまいます。FAGAにもつながってしまうので、女性ホルモンの分泌を促してあげる必要があるのです。

女性ホルモンを増やすためには、普段の生活で体を冷やさないようにするなど、ゆっくりと分泌を促し、減らさないようにしてあげなければいけません。また、プラセンタなどのサプリをとってあげることも効果的です。

男性には関係のない話ですが、女性はの方はこういった変化は敏感に感じとれるようにしましょう。

【薄毛対策】女性向け!女性ホルモンを増やして髪を増やす6つの方法
女性の薄毛の原因の1つ、ホルモンバランスの乱れ。女性にとってホルモンバランスは髪にとっても、身体にもとても重要なことです。そのため、ホルモン...
スポンサーリンク

3.女性ホルモンを増やす?

3-1.男性は絶対に禁止

女性ホルモンを増やして、男性ホルモンを減らせばいいのではないかと考えてしまいますが、男性は絶対にやめたほうがいいです。もし、そのようなことをしてしまうと以下のような影響がでてしまうことがあります。

  • 精力の低下
  • イライラしやすくなる
  • 集中力の低下
  • うつ病になりやすくなる
  • 筋肉量の低下
  • 疲れやすくなる
  • 病気になりやすくなる

男性ホルモンは男性が生きていくうえで必要な機能を調整しています。女性と同じように、男性もホルモンバランスが崩れることもあります。普段の生活だけではめったになることではありませんが、意図的に増やそうとしてしまうとこういった症状がでてしまうことがあるのです。

これらは女性のホルモンバランスの乱れと同じ症状もありますが、うつ病になりやすくなってしまったり、筋肉量が落ちてしまうとやはり身体は不健康な状態になってしまいます。

そして残念ながら、女性ホルモンを増やしても薄毛が改善されることはありません。せいぜい肌の調子がよくなる程度です。

もし女性ホルモンを増やすことを考えているのであれば、もう一度男性ホルモンが薄毛の原因にはならないということを認識して、他に薄毛の原因になるものがないかどうかを確認するようにしましょう。

3-2.女性はいい効果がある

前述した通り、女性は女性ホルモンを増やすことで良い効果があります。男性ホルモンと同じように、女性ホルモンも女性が生きていくうえで必要な機能を調節しています。そのため、女性ホルモンを増やし、ホルモンバランスを整えることは身体に良い影響があるのです。

特に女性は年齢を重ねるにつれて徐々にホルモンの分泌量が少なくなってくるので、イラつきやすくなったり、疲れが取れにくくなったりといった不調がではじめてくることがあります。そういった症状を抑えるためにもホルモンバランスを整える生活習慣は大切になってくるのです。

当然、髪の毛を成長させるための命令を出す”エストロゲン”も増えるので、薄毛も解消されやすくなります。もし女性で薄毛に悩んでいるのであれば、ホルモンバランスは乱さないように生活していくようにしましょう。

4.育毛ケア

記事でもキッパリと伝えているように、毛深さと薄毛にはほとんど関係がありません。毛深い人であっても、ムダ毛が少ない、薄い人であっても薄毛になる人はなってしまいます。

そこで、まず疑うべきは”毎日の生活習慣”です。必ずそこに原因があるはずです。その原因をつぶしていく、改善していかなければいけません。しかし原因はひとつとは限りません。

薄毛はさまざまな原因から引き起こされるので、なかなか絞り切ることはむずかしいのです。せっかく苦労して改善したのであっても、髪になにも影響がないことだってあるのです。そうなってしまうと、余計にストレスになってしまって、さらにつらい思いをするかもしれません。

そういったことを防ぐための育毛ケアです。最低でも育毛剤、余裕があればシャンプー、サプリを使い続けることによって、より効果は高くなります。それだけ薄毛が改善される可能性が高くなりますし、早く昔と変わらないようなフサフサな状態にすることができるのです。

このどれもやらなければどうなるかわかりません。ハッキリいって改善はむずかしいと思ってください。諦めずにケアをするか、諦めるかのどちらかです。もし薄毛を改善することができれば

  • 自信がつく
  • コミュニケーションがうまくとれる
  • 毎日が楽しくなる
  • モテ始める

どんな良いことが待っているかわかりません。ケアをやらなければ、こういった良いことは全てなくなることだってあるのです。開き直ればいいのかもしれません。ですが、諦める前にぜひ試してみてください。

すぐには改善されることはありません。信じて使い続けることが、幸せをつかむことにつながります。生活習慣も改めつつ、しっかりと取り組んでいきましょう。

4-1.育毛シャンプー

育毛シャンプーとはアミノ酸シャンプーのことです。アミノ酸シャンプーは刺激が弱く、皮脂の取りすぎを防ぐことができます。さらに保湿の成分が入っているものもあるので、乾燥も防げ、頭皮環境も整います。

アミノ酸シャンプーでおススメはリマーユスカルプシャンプー です。リマーユスカルプシャンプーは馬油も含んでいて、保湿の効果もあります。乾燥も防ぐことができますのでケアとしては楽になります。頭皮を清潔に保ってくれるのでとてもおススメです。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→リマーユスカルプシャンプー

リマーユスカルプシャンプーが薄毛の悩みを解決!【レビューまとめ】育毛にはコレが効く理由
毎日の頭皮ケアといえばまず"シャンプー"。育毛にもっとも効果的なシャンプーはアミノ酸シャンプーと言われています。あなたも薄毛の悩みから早く解...

4-2.育毛剤

頭皮環境を整える成分。さらに髪を生やすために大事な成分も多く入っています。薄毛を改善するためには、育毛剤だけは最低限使っておきたいケア用品です。

育毛剤でおススメはイクオスです。イクオスは他の育毛剤に比べると安く手に入れることができます。さらにまとめ買い、定期購入であればサプリが無料でついてきます。

育毛効果も高く4人に3人以上の人が3か月以内に効果を感じ、リピート率も97.5%とかなり高く安心できる育毛剤です。天然成分でできていて刺激も弱くかなりおススメです。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→ イクオス

イクオスがおススメの理由ってなんだ!驚きの効果と口コミ、レビューまとめ
私が運営するこのサイト「発毛・育毛で人生を変える」では育毛剤はイクオスをおススメしています。この育毛剤こそが"人生を変える"近道になると考え...

4-3.育毛サプリ

頭皮の環境を良く保つためには、栄養バランスのとれた食事を摂るようにしなくてはいけません。いくら気を遣ってもなかなかうまくいかないこともあるので、そうならないためにサプリで補うようにしましょう。

おススメはBOSTONです。BOSTONは有名なサプリで育毛を促進する成分、頭皮環境を良くする成分を多く含んでいます。ここまで多くの成分が入っていれば、万が一食事バランスが崩れたとしても補うことができます。

口コミやレビュー、詳しくはこちらで→ BOSTON

【育毛サプリ】薄毛、AGAを改善したいならBOSTONにすべき!効果とレビューまとめ
薄毛をすぐに改善したいのであれば、育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリを組み合わせて使うことがおススメです。それぞれ違うメリットがあり、髪が生...

【まとめ】

毛深さと薄毛は関係がないということについてまとめてみました。

毛深いことはどうしようもありません。それはあなたの体質であり、受け止めていくしかないのです。また男性は、女性ホルモンを増やすことで薄毛を改善することにはつながらないので、注意するようにしてください。もう一度、あなたの薄毛の原因はなんなのかを考えてみましょう。

ぜひ他の記事も参考に、ケアに役立てていってください!

【薄毛対策】新陳代謝を上げれば髪が生える!髪と新陳代謝の3つの関係性
薄毛を改善するためには新陳代謝をあげることも重要です。新陳代謝と聞いてネガティブな印象を持つことはないですよね?ですが、新陳代謝をあげると聞...
DHT、ジヒドロテストステロンを減らす方法。AGAではない人も必見!
薄毛、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)。AGAの人は特に抑制、減らさないことには薄毛は改善されません。抑制せずに育毛ケアを...
【薄毛の豆知識】毛根が死ぬことは滅多にない…死滅する原因はごくわずか
薄毛を気にしていると、毛根が死んだのではないかと気になったことのある方はいらっしゃると思います。毛根が死んでしまうと、もうその毛穴から髪が生...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です