【育毛剤】薄毛の原因を知って正しく選ばなければ効果がない

Follow

育毛剤なんて効くわけがない!という方、使ってみたけど一切効果がなかった…という方はいらっしゃるでしょうか?

実際、育毛剤を使えば薄毛が解消される!なんて言われても、すぐに信じられずに半信半疑になってしまう理由はもちろんわかります。ですが、本当に生えないということを説明できますか?恐らくほとんどの人ができないと思います。

育毛剤は効果があるものもあれば、ないものもあるのは事実です。この記事では自分にあった育毛剤を見つけるために参考になるよう、薄毛の原因からどういった効能のものを使えばいいのかについてまとめました。

1.薄毛の原因を知る

育毛剤で薄毛を改善していくには、まず自分の薄毛の原因を知ることです。これから上げるのは育毛剤を選ぶうえで必要になってきます。自分はどのタイプの薄毛なのかを確認しましょう。

スポンサーリンク

1-1.栄養不足

栄養不足とは、食生活が偏っていたり、インスタント食品やコンビニ弁当で過ごしている人です。これらは、身体の機能にそこまで問題が出ていなくても、髪には影響がでてきます。

【薄毛の原因】栄養不足は薄毛を招く…栄養不足かどうかチェックしてみよう
薄毛の原因の1つである栄養不足。実際いま身体にそこまでの不調がなくても、栄養不足である可能性は十分にあります。  この記事では、栄養不足なの...

栄養不足ではないかチェックしてみてください。

1-2.血行不良

次は血行不良が薄毛の原因になっている方です。

血行不良は髪に栄養が行きわたらなくなってしまいますので、当然髪は成長することができなくなり薄毛になってしまいます。

血行不良になる原因は、栄養バランスの偏り、ストレスなどさまざまですが、頭皮が固い場合は血行不良が原因で薄毛になっていることが考えられます。また、肩こりも血行不良の人に共通する不調です。

1-3.毛が細い

AGAではなく毛が細いということは、髪の毛に十分な栄養がいっていないことと、ヘアサイクルが乱れていることが原因です。自分の抜け毛の種類を確認してみて、細い髪ではないか確認しましょう。

1-4.AGA

髪が細く、短いこと。さらに前頭葉、つむじ付近のどちらか一方、もしくは両方が薄いという人はAGAの可能性があります。調べるためには病院に行くしかありません。自分で判断することは無理です。無料のところも多いので気になる方は、ぜひ一度受けてみましょう。

詳しくはこちらで → AGAの専門クリニック

2.育毛剤の種類

それでは、上記にあげた原因から自分に合ったものを探していきましょう。

2-1.栄養補給タイプ

おススメタイプ:栄養不足、髪が細い

栄養補給のタイプは文字通り、栄養不足の人に効果的です。毛穴から毛根までしっかりと栄養を行きわたらせることによって、髪が生えやすくなります。

2-2.血行促進タイプ

おススメタイプ:血行不良

血行促進タイプはもちろん血行不良のタイプによく効きます。頭皮の血行を良くすることによって髪に栄養を行きわたらせることができるようになります。

2-3.毛母細胞を刺激するタイプ

おススメタイプ:髪が細い  

髪が細い人は、栄養不足でなければこのタイプを使うことがおススメです。毛母細胞をしげきすることによって、髪が成長しやすくなります。使い続ければ髪は徐々に太く、しっかりと育っていきます。

2-4.AGAに効くタイプ

おススメタイプ:AGA

AGAの原因となる一部の男性ホルモンが変質して「ジヒドロテストステロン」という脱毛を促すホルモンを抑制することができます。抑制することによって、髪は抜けづらくなり、太く長く生えやすくなります。  

AGAの場合、病院に行けば「プロペシア」を処方してもらえます。こちらのほうが効き目は断然いいので育毛剤よりもおススメです。どうしても育毛剤が良いという方以外は病院に行きましょう。  

【まとめ】

育毛剤の選び方を、薄毛の原因から解説していきました。

育毛剤は効果が出るまでに短くても6ヶ月はかかります。頭皮になにかしらの異常が出ない限りは使い続けるようにしましょう。

薄毛を予防、対策するには育毛剤を使うことも大事ですが、普段の生活を改善していくことはもっと重要です。ぜひ、他の記事も参考にして薄毛対策していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です