【女性の薄毛対策】ホルモンバランスが乱すな!乱れる主な原因まとめ

Follow

女性の薄毛の原因の1つ…ホルモンバランスの乱れ。女性は男性よりもはるかにホルモンバランスが乱れやすくなっています。また、ホルモンバランスが乱れてしまうと、髪だけでなく身体にも不調が出てしまいます。

普段の生活に身体の不調がでていない場合でも、髪に影響が出てしまうこともあります。髪は人間にとって必ずしも必要なものではないため、すべてが後回しになってしまうからです。

そこでこの記事では女性ホルモンと髪の関係、女性ホルモンが乱れる原因についてまとめてみました。

1.女性ホルモンと髪の関係

女性ホルモンの一種である”エストロゲン”は髪を成長させる命令を送っています。女性ホルモンが減ってしまうと、エストロゲンの量も減ってしまうため、命令を送れなくなってしまい、薄毛につながってしまうのです。

女性ホルモンが減ってしまい、ホルモンバランスが乱れると髪は徐々に細くなっていきます。もちろん抜け毛が増えることもありますが男性と違う点は、髪にボリュームがなくなるということです。

髪が細くなるとそれだけ表面積が少なくなってしまい、元々薄いつむじ付近の頭皮が透けだしたりします。多くの女性が”頭皮が透けるようになってきた”と薄毛を感じだすのは、ここに理由があるのです。

髪がしっかり成長できなくなってしまうと、それだけもろい髪が増えてしまうので切れ毛や枝毛の原因にもなってしまいます。

1-1.ホルモンバランスの乱れによる不調

女性は男性の20倍の女性ホルモンがあると言われています。それだけ女性の身体の機能を調整することに働いているということですね。そのため、ホルモンバランスが乱れてしまうと以下のような不調がでてしまうことがあります。

  • めまい
  • 肩こり
  • 疲れがとれない
  • イライラしやすい
  • 生理不順
  • 寝付きにくい
  • 肌荒れ、にきび

このような症状が長く続くようであれば、ホルモンバランスが乱れていると判断することができます。

2.ホルモンバランスが乱れる5つの原因

女性ホルモンが乱れる原因はほとんどが自律神経が乱れることです。

何かの原因で自律神経が乱れてしまうと、ホルモンを生成させる命令がうまくいかなくなってしまいます。そのため、いかに自律神経を乱さないように生活していくかが最も重要になるのです。

スポンサーリンク

2-1.ストレス

人間はストレスを感じると自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れると脳がホルモンの分泌を低下させてしまいます。その結果ホルモンバランスの乱れにつながり、薄毛にもつながってしまいます。

また、ストレスはホルモンバランスの乱れだけではなく血行不良も招いてしまいます。多くの血液が頭皮にいかなくなってしまうと髪に必要な栄養素がいきわたらないため、これもまた抜け毛、薄毛につながってしまいます。

ストレスを溜める、感じることは髪にとって良いことは1つもありません。自分にあったストレス解消法を見つけ、習慣づけるようにしましょう。

【薄毛対策】有酸素運動が薄毛予防につながる!4つの理由と髪との関係
働いていると、なかなか運動の習慣はつけづらいですよね。ご存知の通り、運動することによって我々人間は健康的に過ごすことができます。体のみならず...

2-2.不規則な生活

不規則な生活、睡眠不足は自律神経を乱しやすく、さらにエネルギー代謝も悪くなってしまいます。ホルモンバランスも乱し、さらに髪に必要な栄養が足りなくなってしまうことにつながり、薄毛を招いてしまいます。

できる限り毎日同じ時間に起きる、同じ時間に寝ることがホルモンバランスを乱さないために重要です。睡眠も6~8時間は確保することでホルモンバランスも整っていきます。

2-3.食生活の乱れ

食生活が乱れてしまうとホルモンの分泌を抑えてしまいます。さらに栄養不足になってしまうと髪に必要な栄養が足りないため、薄毛になってしまいます。

食生活、栄養不足にならないようにするには毎日三食きっちり摂ることです。三食バランスの取れた食事を摂れば1日の必要栄養量はほとんど足ります。また、食事の時間も合わせることにより、規則正しい生活にもつながります。

しかし三食摂るうえで気を付けなければならないのは、しっかり調理したものを食べることです。インスタントフード、コンビニ弁当などは栄養不足になりやすいため、ホルモンバランスを乱してしまいます。できる限り食材を調理したものを食べるようにしましょう。

2-4.無理なダイエット

これも食生活の1つですが、ホルモンバランスを乱すことが多い原因なのであえて別に解説します。

無理なダイエットは身体に必要なエネルギー、栄養が不足してしまいます。髪は身体に必ずしも必要な機能ではないため、栄養を得るのが後回しになってしまい足りなくなってしまうことがあり薄毛につながってしまいます。

また、たとえまだ身体に不調が出ていないとしても、髪にとって悪影響であることは間違いありません。髪は長期にわたって影響が出てきますので、髪が細くなったり、切れやすくなったりもしてしまいます。

髪を守るためにはダイエットをするときには絶対に無理をしないことです。徐々に徐々にゆっくりと体重を落として、絶対に不調を起こさないようにしましょう。

2-5.加齢によるもの

女性ホルモンは20代後半~30代がピークだといわれています。これを超すとそれまでに比べて女性ホルモンの量は減り、ホルモンバランスが乱れやすくなってしまいます。

こればっかりはしょうがないことですが、女性ホルモンのバランスを乱さないようにいままで以上に食事、生活リズムなどに気を遣っていく必要があります。女性ホルモンの分泌がなくなるわけではないので、乱さないようにすればほとんどの場合は良くなります。

3.プラセンタで整える

多くの女性がホルモンバランスの乱れによる薄毛に悩んでいます。そのためいまではサプリ、ドリンクで女性ホルモンの分泌を促すことができます。

女性のホルモンバランスを整えるものといえば、やはりプラセンタです。プラセンタは馬や豚の胎盤からとれた成分です。栄養が豊富で、さらに女性ホルモンの分泌を促してくれます。

もちろん、すぐに効果はでませんが、長期的に使うことによって効果はでてきます。まだ試したことがないという方はぜひ試してみてください。

【女性の薄毛対策】副作用なし!プラセンタを摂ることによって薄毛が改善される
女性の薄毛の原因の1つ、"ホルモンバランスの乱れ"。20代でも起こる可能性は十分にあり、30代になればもっと高くなります。ホルモンバランスを...

【まとめ】

女性は髪が命というくらいですから、ホルモンバランスの乱れは絶対に避けなくてはなりません。

また、女性の場合妊娠、出産によっても一時的に女性ホルモンが減ってしまい抜け毛につながってしまいます。しかし、この場合は3か月から1年程で良くなるものなのでストレスにならないよう、気にしないようにしましょう。

ぜひ他の記事も参考にして、抜け毛、薄毛予防に役立ててください。

【薄毛対策】女性向け!女性ホルモンを増やして髪を増やす6つの方法
女性の薄毛の原因の1つ、ホルモンバランスの乱れ。女性にとってホルモンバランスは髪にとっても、身体にもとても重要なことです。そのため、ホルモン...
【薄毛対策】間違ってないかチェックしよう。正しいシャンプーの手順、やり方
薄毛を防ぐためには頭皮の環境を整えることが大切です。そのために毎日のシャンプーは欠かせません。しかし間違ったやり方で続けてしまうと、髪の成長...
【薄毛の原因】猫っ毛、細い髪は薄毛になりやすいのか…髪質が変わってきたら要注意
猫っ毛や髪が細い人で気にしたことはあるでしょうか。薄毛になりやすいのかどうか。髪に癖があったり、髪が細いと、真っすぐで太い人よりも薄毛になり...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です