AGAは男性の脱毛症は病院にいけば治る!まずは抜け毛が増える仕組みを知ろう

Follow

AGAはCMの影響もありかなりの人が知っている症状になりました。AGAになってしまうと髪が抜け毛が増え、新しい髪が生えてこないという最悪の状態になってしまいます。

ところでAGAが起こる仕組みについては知っていますか?AGAの治療をする前にはまず仕組みを知っておくことがとても大切です。

そこでこの記事ではAGAが起こるメカニズム、仕組みから改善方法についてまとめました。

1.成人男性に多いAGA

AGAとは「男性型脱毛症」の意味です。一般的には男性ホルモン、遺伝の関係で髪が薄くなっていきます。思春期以降に増えてくると言われ、頭頂部、額からの生え際の片方、もしくは両方から薄毛が進行していきます

AGAの特徴は髪が成長しきらないということです。ヘアサイクルの成長期は4~7年あるのですが、これが2~4年もしくはそれ以下まで短い期間になってしまいます。成長期で髪は太く、長く育つので、短くなっただけ髪の毛が太く成長せず、細いままの状態になってしまいます。

太く長い髪の状態のほうが髪のダメージに耐えやすく、抜け毛、切れ毛が防げます。細く短い毛が多くなってしまうとそれだけもろくなってしまいます。全体的に切れ毛も多くなってしまうことにもつながります。

太くない、細い髪が増えればそれだけ髪の表面積が減るので、薄毛が目立ちやすくなってしまうのです。

1-1.男性ホルモンの異常が原因

AGAはヘアサイクルが乱れることが原因で抜け毛が増え、太く成長することができなくなっています。

男性ホルモンが原因ということはかなり有名ですが、全ての男性ホルモンが悪いわけではありません。あくまで一部の男性ホルモンが変化して”ジヒドロテストステロン”という物質に変わってしまうことが原因です。

”ジヒドロテストステロン”に変わると抜け毛を促してしまいます。成長期である髪であるにも関わらず退行期、休止期にに変えてしまいます。

髪は退行期、休止期の間に次に生える新しい髪の準備を整えています。急に成長期が短くなり、髪が成長できない時期に入ってしまっても新しい髪が生える準備が整っていないため、抜けても生えてきません。結果、髪の総本数が減ってしまいハゲにつながってしまいます。

AGAの治療のためにはこの”ジヒドロテストステロン”をいかに抑制するかが重要になってくるのです。

1-2.5α-リダクターゼ

ジヒドロテストステロンは”5a-リダクターゼ”という物質と結合することによって生成されます。つまり5α-リダクターゼを抑制することができれば、ジヒドロテストステロンも生成されないのです。

5α-リダクターゼは還元酵素の一種で皮脂腺の中に存在しているものと毛穴の毛乳頭に存在しているものと2種類あります。これが活発に働いてしまうと、皮脂を過剰に分泌させる原因にもなります。

清潔な頭皮を保てなくなり、トラブルの原因になってしまうのです。さらに男性ホルモンと結合することでジヒドロテストステロンに変わることから、ジヒドロテストステロンの生成を抑制するためには5α-リダクターゼを抑制することも同時におこなっていく必要があります。

AGAの専門クリニック

スポンサーリンク

2.AGAは治療方法

AGAの治療方法について解説していきます。

2-1.プロペシア

医療機関にかかってAGAと診断された後は、治療として処方される薬があります。それが「プロペシア」です。

厚生労働省が認可していて、効果は絶対にあります。また内服薬は簡単に続けることができることができるためとてもおススメです。

このプロペシアは”ジヒドロテストステロン”を抑制する働きがあり、抜け毛を防ぐことができます。ジェネリックもあるため少しでも安く済ませたい方はお医者さんに確認してみましょう。

プロペシアは抜け毛を増やす「ジヒドロテストステロン」を抑制することのみに働きます。つまり抜け毛を減らすだけで、髪が増える、生える働きはないので注意が必要です。

【薄毛治療薬】プロペシアはAGA治療には欠かせない?!気になる効果と副作用まとめ
AGA治療で処方される内服薬の1つ"プロペシア"というものがあります。プロペシアはAGAの治療にはかなり効果的と言われており、世界で約60カ...
【薄毛対策】プロペシアだけを飲んでも髪は生えてこない!育毛剤との併用がおススメ
薄毛治療薬として有名な"プロペシア"ですが、記事タイトルの通り服用するだけでは髪は生えてくるようになりません。プロペシアはいまではジェネリッ...

2-2.ミノキシジル

プロペシアとともに「ミノキシジル」という薬を使うことがあります。前述した通り、プロペシアには発毛、育毛の効果はありません。そこで発毛、育毛の効果があるミノキシジルを使います。

ミノキシジルは血管を広げる作用があり、発毛、育毛に働きます。また内服薬と外用薬とあります。こればかりは好みの問題です。

この成分も国内で発毛、育毛効果があると認可されています。それだけ効果のある成分なのです。

【薄毛治療薬】ミノキシジルは髪を生やしてくれる薬…特徴と気になる効果を解説
薄毛の治療薬の1つ"ミノキシジル"。ミノキシジルは『リアップ』や『ロゲイン』にも含まれている成分の名前です。ミノキシジルは薄毛治療薬として"...

2-3.M-034配合の育毛剤

一番のおススメはプロペシアを服用しつつ”M-034配合の育毛剤”を使うことです。M-034はミノキシジルと同じ働きをすることがわかっている、天然成分です。つまり発毛、育毛の効果がある成分なのです。

ではなぜ認可されているミノキシジルよりもおススメなのかというと、天然成分のため副作用がないこと、さらに安価に済ませられるからです。どうせ育毛剤を使うのであれば、安心しながらお得に使いたいですよね。

ミノキシジルを配合している育毛剤は定価で購入することになります。買い続けることでなにか特典が付くということもありません。M-034配合の育毛剤は基本ネットからの購入で、定期購入であれば安く抑えることもでき、育毛サプリがつくことがあります。

プロペシアと似た働きをしジヒドロテストステロンの生成を抑えることができる”ノコギリヤシ”という成分があります。育毛サプリには基本ノコギリヤシが入っているので、AGAの人にとって育毛サプリがお得に手に入ることは、本当に嬉しい特典なのです。

M-034配合の育毛剤、詳しくはこちらで → イクオス

3.AGA治療においての1つのネック

AGA治療は自由診療になっていますので保険がききません。治療費がネックになってしまいます。相場では一回の通院で1万円から1万5千円ほどです。

ただ、ここでもう一度考えるべきなのは全体を通して髪を生やすための費用は低くなる場合があるのではないかということです。   育毛剤を何個も試している間にもAGAは進行していきます。一概には言えませんが医療機関にかかることで、もしかしたら一番安く、早く済むかもしれません。

またいまではプロペシアにもジェネリック医薬品があります。少しでも安く済ませたいのであれば、ぜひお医者さんに確認してみましょう。

詳しくはこちらで → AGAの専門クリニック

【まとめ】

AGAについてはわかっていただけたでしょうか?

AGAは治療することによりほとんどの人が良くなります。ただ効果が出るまでにはやはり時間がかかりますし、お金もかかります。ジェネリックを使ったりと少しでも安く済ます方法でしたらありますが、無料で治す方法はないと思ってください。

ぜひ他の記事も参考にしてみてください!

AGAの専門クリニック

【薄毛対策】M-034配合の育毛剤は本当に効く!M-034の作用について知る
"M-034"という成分については知っていますか?育毛剤を選ぶうえで何度か目にしたことがあるかと思います。"M-034"は発毛、育毛によく効...
抜け毛を減らすための栄養素を知って薄毛対策!髪に必要な3つの栄養素まとめ
抜け毛が気になる…もしかして食生活の問題かもしれません。  髪の毛を成長させるために栄養はとても大切です。いくら頭皮のケアをしても、必要な栄...
【髪を生やす】育毛剤・発毛剤を効果的に使うための5つのポイント
育毛剤を使う上で気になったことはあるでしょうか?  どういった手順が一番育毛剤をより効果的に使うことができるのか。  やはり、毎日のケアでも...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無添加育毛剤イクオス
このボリュームが欲しかった!_ボストン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です